주요 기사 바로가기

ショッピングにレジャー、観光…韓日は今、“アウトレットモール熱風”(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.29 15:33
0
1/2
日本の軽井沢にあるプリンスショッピングプラザは、真ん中に芝生の広場があり、1年中、観光客で賑わっている。
日本長野県軽井沢にあるプリンスショッピングプラザ。 1週間の定期セール期間の最終日で勤労感謝の日だった今月23日、延べ面積3万1861平方メートルにのぼるこのショッピングアウトレットは、ショッピング客で込み合っていた。 入口から駐車場に入る500メートルの道路を通過するのに30分以上かかった。 約3000台を収容できる駐車場は、午前の早い時間から集まった人たちで一日中、空きを見つけるのが難しかった。

1995年にオープンしたプリンスショッピングプラザは、220余りのブランドが入った日本最大規模のアウトレット。 ポールスミス、フェラガモ、コーチなど19名品ブランドが入店し、プレミアムアウトレットに分類される。 しかしここが有名なのは名品ブランドのためだけではない。

この日ショッピングモールで会ったネギシ・ヒデテルさん(42)は「近くに観光地もあり、ショッピングモール内に子どもが楽しめる空間も多いので、遊びを兼ねて来る」と話した。 ネギシさんはこの日、夫人、子ども2人の家族で来ていた。ネギシさんが言うように、プリンスショッピングプラザが一年中、賑わっているのは、軽井沢の観光地が背後にあるからだ。

軽井沢は天皇だけでなく公職者、財界人、有名芸能人などの別荘が密集した地域としても有名だ。 海辺にある東京の夏は蒸し暑いが、海抜900メートルにある軽井沢は真夏でも涼しい。 避暑地として脚光を浴びているのはこうした理由からだ。

観光地として有名なここにプレミアムアウトレットができたのは、いまや‘失われた20年’と呼ばれるほど長い日本の不況と関係がある。 長期不況が続き、人々は財布を開かなくなった。 日本のデパートの売上高はこの10年間で20%以上減少した。 デパートの売り場は全体の1割が閉鎖するほどだ。 消費者の財布を開くため、日本流通業界は早くから業態の多様化に乗り出した。 軽井沢でゴルフ場・スキー場・ホテルなどリゾート事業をしてきた西武グループがここに新しい形態のアウトレットをオープンしたのも、観光業のシーズンオフにあたる冬季の売り上げを伸ばすためだった。

プリンスショッピングプラザは軽井沢駅のすぐ前にある。 東京を出発した新幹線が軽井沢まで延びると、東京のショッピング客を引き込むために、駅前にショッピングモールを建てたのだ。 アウトレット内に芝生のひろば、子どもの遊び場、20店以上のレストランを入店させたのも、家族で来るショッピング客のためだ。
ショッピングにレジャー、観光…韓日は今、“アウトレットモール熱風”(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP