주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】忘れてはいけないトヨタの教訓(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.29 11:14
0
昨年3月8日、米国は大騒ぎとなった。08年型トヨタ「プリウス」が時速150キロでロサンゼルス(LA)8番道路を疾走する場面がテレビで生中継された。車を止めようと必死の運転手の表情、この車を追いながら拡声器で車を止める方法を伝える警察。20分間続いた追撃戦は映画の一場面のようだった。09年8月、レクサスを運転していた警察の家族の死亡事故が伝えられ、窮地に追い込まれたトヨタにとって致命打だった。

世論は沸き立った。トヨタの車の複雑な電子制御装置から出た電磁波が急加速の主犯という怪談が一瞬にして広まった。申告・告発も殺到した。米高速道路交通安全局(NHTSA)はもちろん、証券取引委員会(SEC)までが刃先を向けた。政治家も加わった。創業者の孫、豊田章男社長が米議会に呼ばれ、大変な苦労をした。14年ぶりにオーナー経営体制を復活した豊田社長としては耐えがたい屈辱だった。さらにトヨタは昨年だけで米国政府に4880万ドルの罰金を払った。

2年近い時間が流れた今の状況は違った状況だ。米国を騒がせたプリウス‘活劇’は、借金に苦しむ運転手の自作劇として片付いた。米航空宇宙局(NASA)までが出てきて電磁波を解剖したが、急加速の原因は見いだせなかった。急加速申告のほとんどはブレーキの代わりにアクセルを踏んだ運転手のミスだったことが分かった。もちろん運転席のマットやブレーキペダルの欠陥はトヨタも認めた。しかしそれだけで‘魔女狩り’に近かったトヨタたたきを説明することはできない。




【グローバルアイ】忘れてはいけないトヨタの教訓(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP