주요 기사 바로가기

元IAEA事務局長「福島事故で原発が終わったわけではない」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.28 17:14
0
「今のグローバル核イシューは‘第2の昏睡状態10年(second decade of coma)’に入ったようだ」。ハンス・ブリックス元国際原子力機関(IAEA)事務局長(83)は内心を隠さなかった。 北朝鮮がウラン濃縮施設を公開して1年が過ぎた。 軽水炉の衛星写真が確認されたが、北朝鮮の核問題は進展の兆しがない。 むしろ来年の韓国と米国の大統領選などビッグイベントに隠れ、忘れられている雰囲気だ。

ハンス・ブリックス氏はスウェーデン出身で、1981-97年にIAEA事務局長を務めた世界的な核専門家。 その中でも北核専門家に挙げられる。 1990年代以降、数回にわたり北朝鮮を訪問し、朝米ジュネーブ合意にも関与した。 核問題に対するブリックス氏の目標は簡潔だ。 「自分と家族、世界の人々のウェルビーイングのために、核兵器はなくして、原子力は最大限に活用しよう」。来年3月にソウルで開催される「第2次核安保首脳会議」に先立ち、29日に訪韓するブリックス氏に、中央日報が単独インタビューした。 ブリックス氏は李明博(イ・ミョンバク)大統領が諮問する「賢人グループ(Eminent Persons Group)」の主要人物に委嘱された。

--核安全保障サミットに約50カ国が参加する。 核問題がこの時点でそれほど重要なのか。

「核問題はイラン核施設が爆発したり、北朝鮮が軍事挑発を起こしてこそ水面上に浮かび上がる。 いま世界の政治的な関心は金融・経済危機に置かれている。 しかし今年3月の福島原発事故を見てみよう。 自然災害で冷却装置が故障したが、結果的には放射能の流出で被害が大きい。 もしテロリストが原子力施設を攻撃すればどうなるのか。 原子力の安全が核安保と直結する時代だ」

--韓国が議長国だが、 特別な意味はあるのか。

「この会議は国際安保分野で最も大きな首脳会議だ。 これを米国に続いて2回目に主催するというのは国際リーダーということだ。 韓国は世界最高レベルの原子力技術を持つ。 しっかりと核不拡散原則を守ってきただけに、国際安保秩序を作っていく核心的な役割をするのにふさわしい」

--核テロは果たして可能なのか。

「テロリストが核兵器を手に入れて起こす可能性は比較的低い。 ネットワークと情報習得に限界がある。 しかしそのために簡単な技術を使って爆弾を作る可能性が高い。 基本的な核兵器は3-4人の専門家で製造できる。 特定組織が安保に大きな脅威になるというのは、すでに米同時多発テロで確認されている」

--ドイツは福島事故後、原子炉の稼働を中断すると述べた。 スイスやイタリアも似た動きだ。 そのほうがよいのか。

「残念だ。 ドイツが原子力から手を引くと明らかにした時は混乱した。 それで炭素排出削減目標値をクリアできなければどうするのか。英国でも原子力自体は支持されていないが、化石燃料を減らして古い原発を建て直そうという社会的な合意が実現している。 福島事故は原発の障害になったが、終止符を打つことではない」
元IAEA事務局長「福島事故で原発が終わったわけではない」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    元IAEA事務局長「福島事故で原発が終わったわけではない」(1)

    2011.11.28 17:14
    뉴스 메뉴 보기
    ハンス・ブリックス元国際原子力機関(IAEA)事務局長
    TOP