주요 기사 바로가기

韓国の済州島、中国に続き日本の団体観光客を誘致成功

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.26 12:27
0
中国に続き日本人の済州島“観光ラッシュ”が始まった。今年、中国人団体観光客1万5000人余りが3回にわたって済州島(チェジュド)を訪れたことに続き、日本の団体観光客996人が済州へ来る。彼らは日本の農協の優秀組合員で、済州島を訪れる日本人団体観光客としては歴代最大規模だ。

彼らは27日から2泊3日で済州観光にやってくる。彼らはこの日、竜頭岩(ヨンドゥアム)や三姓穴(サムソンヒョル)、済州民俗自然史博物館などを見学し、28日・29日には漢拏山(ハンラサン)のトレッキングやゴルフ、自由旅行などを楽しむ。この一行には韓流ファンで有名なメーキャップアーティストのIKKO氏(49)も同行する。田辺豊日本農協観光社長(62)は、「ユネスコが認めた済州島の自然景観と職員の韓流に対する興味などを考慮して済州島を選んだ」と述べた。

日本最大の観光団誘致には、済州島の“ターゲットマーケティング”が威力を発揮した。日本の農協は、1980年から毎年、優秀な組合員をインセンティブ観光として米国ハワイをその旅行先に選んできた。しかし今回、済州島と東京にある済州島広報事務所の不断の努力で、済州島に目的地を変えた。特に、東京広報事務所の友野阿祐美さん(32)は足しげく農協観光社を訪ねて済州島の強みを強調した。済州島はハワイに比べ相対的に観光費用が手頃なうえ、天から恵まれた自然景観をすべて備えている島であることを印象づけた。済州島が世界初のユネスコ“トリプルクラウン(世界自然遺産・生物圏保全地域・世界地質公園)”を果たしたことは、彼女の説得過程を後押しした。

今年、相次いで済州島を訪れた中国団体観光の済州旅行ブームも今回の誘致に一役買った。今年9月、中国の宝健・日用品有限公社のインセンティブ観光団1万1200人が済州を訪問したことが農協の職員の間に口コミで伝わった。農協は済州島の歓待や観光費用などをかんがみ、観光先を最終的に決定した。済州島はこれに先立ち、宝健観光団が訪れた当時、済州市連洞(ヨンドン)に宝健通りを作ったほどの格別な気づかいを見せた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP