주요 기사 바로가기

アップルマニアを皮肉る「ギャラクシーS2」広告…外国人は「スマート!」好評

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.25 11:13
0
サムスンが今回の米国感謝祭(24日)に放送した新しい「ギャラクシーS2」の広告で、アップルマニアをそれとなく皮肉るマーケティングを見せ、話題になっている。23日にフェイスブックに初めて登場したこの広告は、感謝にテレビでも放送された。

この広告では「アップル」や「iPhone4S」という言葉はでない。その代わりオープン9時間前からアップルストアの前で列をつくっているファンを滑稽に描写した。

ニューヨーク、ボストン、サンフランシスコなど、いろんなところで見られた風景が画面を埋めている。列に並んでいた人たちが一言ずつ話す。「誰かが列から出て行った」「まだ9時間しか経っていないのになぜ」「ブログではバッテリーがだめだって」などだ。アップルのバッテリーの‘早漏現象’を狙ったものだ。

続いて緑のジャケットの男性がタクシーに乗ろうとしている一人の男性の携帯電話を見つめる。「君、それ何?」といって携帯電話に好奇心を表した。ギャラクシーS2を持った男性は数人にフォンを見せると、人々はギャラクシー2とiPhone4を比較する。

ギャラクシーS2は大きな画面とスピードを誇る。一人の男性が「ギャラクシーS2は4Gのスピードだから速い」と言う。そばでノートブックを見ながら座っていたある男性が「私はサムスン製品を買ったことがない。私は創意的な人だから」と話すと、彼の友人が「馬鹿か、君はバリスターじゃないか」と言い返す。アップル製品を購入してサムスン製品を買わない人たちが自分を‘スティーブ・ジョブズ’のような創造的な人間であるかのように錯覚している点を皮肉る設定だ。

広告に対する反応は分かれている。批判は韓国のネットユーザーが多い。韓国のあるブロガーは「iPhone4Sが前作と同じような外見だと言っているようだが、ギャラクシーSEとギャラクシーS2 LTE、ギャラクシーS2 HDもデザインが同じだ」と批判した。別のブロガーは「物一つ買うのに数日間も待つ光景を経験したことがないサムスンが腹を立てた」と書いた。

ところが外国人は好意的だ。あるフェイスブックユーザーは「過去のアップルは他社のブランドを露骨に狙っていたが、今回のサムスン広告は隠密な文化現象を暗示している」とし「サムスンらしいスマートな広告」と伝えた。別のネットユーザーも「私は4Sユーザーだが、この広告は一理あっておもしろい。必ず効果があるマーケティング」と絶賛した。

ライバル企業に対するカルト的追従を批判したネガティブ広告は今回が初めてではない。過去にアップル社もジョージ・オーウェルの小説『1984』に例えて、IBMのパソコンを「ビッグブラザー」と攻撃するマーケティングを使った。サンディスクは06年、iPodがMP3プレーヤー市場を席巻すると、アップルマニアを「i操り人形」「i羊の群れ」と猛非難した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アップルマニアを皮肉る「ギャラクシーS2」広告…外国人は「スマート!」好評

    2011.11.25 11:13
    뉴스 메뉴 보기
    新しい「ギャラクシーS2」の広告(写真=ユーチューブのキャプチャー画面)。
    TOP