주요 기사 바로가기

【社説】康容碩議員を放置して“ギャグ党”を自ら招いた韓国ハンナラ党

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.19 09:39
0
「アナウンサーになるにはすべてを捧げる考えでなければいけない」という発言をした無所属の康容碩(カン・ヨンソク)議員は一審、二審で有罪判決を受けた。アナウンサー集団侮辱罪を康議員は認めていない。17日にはブログにこう書き込んだ。「集団侮辱罪は最高裁の累積した判例を見るととんでもない。この事件のように侮辱罪が成立したら、ギャグコンサート番組で国会議員を風刺したチェ・ヒョジョン(コメディアン)を私が侮辱罪で告訴しても罪になるということだが、話にならない。チェ・ヒョジョンを侮辱罪で告訴でもしてみようか」。

その康議員はすぐにチェ・ヒョジョンを国会議員集団侮辱罪で告訴した。チェ・ヒョジョンは先月2日の放送でこういう話をした。「国会議員になるためには、執権与党首脳部と親しくなり、執権与党の公認を受け、与党の票田から出馬をすればいい。選挙の遊説の時、普段はあまり行かない市場を歩き回りながら、おばさんたちと握手をすればよく、普段は食べないクッパ(汁飯)を一度に食べればいい」。

康議員が言うようにチェ・ヒョジョンは国会議員を風刺しただけだ。視聴者を一度笑わせようとそうしたのだ。それが罪にならないことを知りながらも康議員は告訴した。アナウンサー集団侮辱罪も同じだということを主張するため、自分の事件と関係がないチェ・ヒョジョンを相手取ったのだ。「アナウンサーに張り手を食らってコメディアンに八つ当たりする」という皮肉の声が出てくるのは、康議員の屁理屈を大衆がよく知っているからだ。

康議員が女子大生の前でしたセクハラ発言はチェ・ヒョジョンの風刺とは質が違う。「国会議員として公的な席で自分の地位を認識し、正しい発言と行動をしなければならないにもかかわらず、大学生を相手に女性の容貌と身体に関する適切でない多数の発言をした」という二審の判決文の指摘は正確だ。

康議員の突出行動に関してはハンナラ党の責任が大きい。国会倫理委が可決した康議員除名案をハンナラ党は8月末、国会本会議で廃棄するのに率先した。政治の自浄機能が喪失したことを立証した康議員除名案否決は大衆の怒りを刺激し、「安哲秀(アン・チョルス)現象」を生み出す要因となった。当時「誰が石を投げられるのか」(キム・ヒョンオ議員)と康議員をかばったハンナラ党はその後、度々‘政治喜劇’を見せる康議員のために重病になる状況を自ら招いたという事実を深刻に反省する必要があるだろう。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP