주요 기사 바로가기

<野球>FA本格化、李大浩“獲得”に韓国ロッテvs日本オリックス

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.17 09:54
0
韓国プロ野球のフリーエージェント(FA)選手17人のうち2人が契約書にサインした。右腕投手鄭載勲(チョン・ジェフン)が斗山(トゥサン)と契約金8億ウォン、年俸3億5000万ウォン、オプション1億5000万ウォンの4年総額28億ウォン(約1億8912万円)で契約した。捕手シン・ギョンヒョンも契約金2億ウォン、年俸2億ウォン、オプション5000万ウォンの7億ウォンでハンファと2年契約を結んだ。

鄭載勲の契約条件はこれまでのFAブルペン最高額となる2003年にチン・ピルジュンが受け取った4年契約30億ウォンと同水準だ。この契約はチョン・デヒョン(SK)、ソン・シニョン(LG)、李丞鎬(イ・スンホ、SK)、李承鎬(イ・スンホ、SK)、イ・サンヨル(LG)、イム・ギョンワン(ロッテ)などブルペンFAが交渉する際の基準として作用する可能性が大きい。米大リーグ(MLB)が関心を持っているチョン・デヒョンはFAブルペン最高額を更新する可能性もある。韓国野球委員会(KBO)は16日、大リーグ事務局がチョン・デヒョンに対する身分照会を要請し、「海外進出に問題はない」と返信したことを明らかにした。

強打者李大浩(イ・デホ、ロッテ)は具体的な交渉をできなかった。ロッテは李大浩に対し、2005年にシム・ジョンスが4年契約60億ウォンのFA過去最高額以上を保障したが、日本のオリックスが李大浩獲得に積極的な姿勢を見せ苦しい立場になった。

スポーツニッポンによると、オリックスは李大浩を獲得するために2年総額5億円(約73億7000万ウォン)を用意し、他球団との交渉が可能となる初日の20日に李大浩と交渉を始める計画だ。ロッテは17日に李大浩と会い具体的な条件を提示する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>FA本格化、李大浩“獲得”に韓国ロッテvs日本オリックス

    2011.11.17 09:54
    뉴스 메뉴 보기
    李大浩(イ・デホ、ロッテ)。
    TOP