주요 기사 바로가기

韓国最高地価のソウル明洞で化粧品‘半額’戦争 なぜ?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.16 16:06
0
ソウル明洞(ミョンドン)は大韓民国で最も地価が高いところだ。 そこではいま「半額セール」戦争が行われている。 「この水分クリームは2万1900ウォンだが、いま買えば半額の1万950ウォン。 アイクリームは1万9800ウォンが9900ウォン」。

先月31日、明洞中央路にあるブランドショップ「ネイチャーリパブリック」明洞ワールド店。 ネイチャーリパブリックによると、この店舗の賃貸料は保証金32億ウォンに月1億5000万ウォン(約1000万円)。 その店で商品を半額で販売している。

4号線の明洞駅から明洞芸術劇場までの300メートルの明洞中央路を歩いた。 各ビルの1階の58店舗のうち、ブランドショップ化粧品売り場は18店舗。 18店舗はすべて割引セールをしていた。 製品の価格を割り引くか、他の製品をおまけで付けるかという違いだ。

低価格を武器にしたブランドショップ化粧品会社が半額セールで‘価格血闘’を繰り広げている。 市場が急速に拡大するなか、参入会社が急増したために生じた現象だ。 明洞でその現象がとりわけ目立つのは、多くの外国人が訪れる‘化粧品特区’となり、ブランドショップが密集しているからだ。

別のブランドショップ「バビペット」明洞1号店の職員の説明はこうだ。「他の店が割引をすれば当然、自分の店が打撃を受ける。 客が30-40%減ると思えばいい。 それでみんなが割引販売する。 負ければつぶれてしまう」。バビペットは最近、明洞に2号店を出したが、すぐに撤収した。 この職員は「後発走者でブランド認知度が低いだけに、積極的に価格競争に出るしかない」と話した。

実際、04年に2000億ウォン水準だったブランドショップ市場規模は今年1兆ウォン規模に成長した。 ミシャ、ザ・フェイスショップなど少なかったブランドも、今では20以上に増えた。

価格割引戦争が始まったのは07年末から。 成長率が鈍り始めた頃だ。 ミシャが最初に仕掛けた。 毎月10日を「ミシャデー」として全品目を20%割引で販売した。 毎年7月、12月の半月間、全品目を最高50%割引する「ビッグセール」も始めた。 毎月11日と22日、一つの品目を決めて半額で売る「ダブルデー」も続けている。

ミシャのマーケティングチーム長は「競争が本格化し、自然な流れで先頭グループの主導権が弱まった」とし「ロゴの変更などブランドリニューアルとともに割引政策を始めたのはそのため」と話した。
韓国最高地価のソウル明洞で化粧品‘半額’戦争 なぜ?(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国最高地価のソウル明洞で化粧品‘半額’戦争 なぜ?(1)

    2011.11.16 16:06
    뉴스 메뉴 보기
    最近、ソウル明洞(ミョンドン)ではブランドショップ化粧品会社が「半額セール」をしている。 ブランドショップでは「1+1」「最大50%割引」などの内容のポスターがみられる。
    TOP