주요 기사 바로가기

<W杯予選>北朝鮮に行く日本応援団、微妙な緊張感「どうか無事に…」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.15 15:42
0
日本のサッカーファンが、22年ぶりに北朝鮮で開かれる一戦を控え敏感になっている。

15日午後4時、平壌(ピョンヤン)の金日成(キム・イルソン)競技場で行われるワールドカップ(W杯)アジア地域C組予選第5戦で、5万名が入場できる競技場であるにもかかわらず、日本の応援団は150人に制限された。日本の応援団が持参できる搬入品も制限されている。国家間の試合であるはずが、国旗も持参できないまま競技場に入らなければならない。日本としては敏感にならざるを得ない。一部のネットユーザーは、「宣戦布告と同じことだ」と激昂している。

日本は1989年のイタリアW杯予選以来、実に22年ぶりに北朝鮮の地でアウェー試合に臨む。しかし多方面において、心が休まる暇がない。まず、試合が開かれる金日成総合競技場の雰囲気に対する心の負担だ。北朝鮮は5万名を収容できるこの巨大な空間で、大きな試合が開かれる度に数多くの観衆を動員してきた。今回の試合もチケットが完売した。ところが日本の取材陣は10人に制限されているうえ、応援団わずか150人だけだ。俗に“アウェーの洗礼”と呼ばれるものがあるが、これはひどい。日本代表チームの主将、長谷部誠は平壌に出発する直前、日本のスポニチアネックスとのインタビューで「何より競技場の雰囲気と寒さが気がかり」と応えていた。

 
日本のネットユーザーの気持ちを逆なですることはまだ続く。14日に平壌入りした日本代表チームは、入国手続きに約4時間を所要して、予定よりも3時間遅く現地適応訓練に入ったのだ。

ヤフージャパンや2ちゃんねる、ライブドアなどの日本ポータルサイトでは北朝鮮に対する怒りのコメントであふれている。「無事に帰って来て」「けがさえしなければいい」「北朝鮮が試合を中継するだろうか。勝った時だけ放送するのでは」などの不安が入り混じる意見が出ている。

試合開始時間を午後4時に設定したことも釈然としないという反応もある。電力難に苦しむ北朝鮮が姑息な手段を使ったというのだ。「照明は点くだろうか」「劣悪な電力状況を隠そうと、あえて日の出ているうちに試合をするのだろう」との意見も少なくなかった。

金晋希(キム・ジンヒ)記者

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP