주요 기사 바로가기

中国人観光客をターゲット 「ソウルに8万ウォン台のホテルを」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.15 15:10
0
--海外観光客が増えている理由は。

「最も大きな理由は為替レートだ。 この数年間、安定的な為替レートのおかげで韓国が魅力的な観光地に浮上した。 韓流の影響も大きい」

--国内のホテルはなぜ特級ホテルでなければモーテルと二分化されているのか。

「1988年オリンピック(五輪)を控え、大手企業が特1級ホテルを建設し、韓国のホテル産業が本格的に成長した。 このホテルは企業イメージのために高級に建てられた。 2003年にイビスが登場し、ホテルに対する概念が変わり始め、中級ビジネスホテルも増え始めた」

--イビスが初めて登場する際、反対はなかったか。

「反対が多かった。 一流ホテル式のサービスでなければいけないという懸念のためだった。 しかし業務で出張に来た課長級の職員が不便なく宿泊できるホテルが必要だと考えた。 ある知人は『モーテルで宿泊して出張費の領収書を提出したところ、会社側に怪しまれた』と話していた。 中級ホテルが必要とされていて、イビスがその需要に的中した」

--ホテルの成敗を左右するものは。

「位置だ。 地下鉄やバス停から近く、流動人口が多いところでなければいけない。 ソウル大峙洞(テチドン)のイビス1号店もビジネスマンが多く、交通が便利というのが大きな利点だった。 もともとそこは新羅(シンラ)ホテルがビジネスホテル事業のために買収したところだった。 しかしサムスンのイメージと合わないと判断して事業をやめたと聞いた」
中国人観光客をターゲット 「ソウルに8万ウォン台のホテルを」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP