주요 기사 바로가기

「サムスンとアップルの特許、合意点見いだすだろう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.10 11:07
0
テックプラス2011初日の舞台に上がった講演者らの間で最も多く言及された人物は誰か。「革新のアイコン」アップル創業者のスティーブ・ジョブズだ。ジョブズは死去したがこの世に残った人々は相変らず彼をインスピレーションの源としているわけだ。

KIATのキム・ヨングン院長はアップルを「音楽・映画・本など人文学を“スマート”に売る会社」と表現した。それとともに「技術が別のものと出会えば想像力と創造力が花開き消費者が熱狂する革新的な製品が出てくる。それでこそ技術も生きて人間も生きる」と話した。

知識経済部のチェ・ジュンギョン長官は創造的技術の重要性を強調し、「スティーブ・ジョブズが生前に韓国はまねてばかりだと言ったが、これは痛い忠告だ」と言及した。また、「ジョブズが新しい製品を開発する時に既存の業績に何かひとつ意味のあるものを加えようと努力したという話に注目する。先端ではなくても既存の技術をうまく組み合わせ若干のアイデアだけ加えれば生活の質を高める技術を作り出すことができるだろう」と話した。

テックプラス2011参加者のうちアップル首席副社長出身のジェイ・エリオットに唯一注目が集まったのもそのような理由からだ。彼は「ジョブズの左腕」と呼ばれた人物で、ジョブズのリーダーシップを分析した『ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ』という本を出すこともした。彼はこの日の記者懇談会で、韓国のIT企業がソフトウェアの重要性を認識しなければなければならないと助言した。

彼は「サムスン・LGは独自のソフトウェア開発に注力しグーグル依存度を低くしていくべきだ」とし、「(アップルの例で見るように)ソフトウェアこそブランド認知度をアップし消費者の忠誠度を引き上げることができる道具だ」と話した。

第3四半期にサムスン電子がスマートフォン販売でアップルを抜いたことに対しては、「同じ期間の利益はアップルがサムスンを凌駕しており、iTunesやアプリケーションストアの販売収益まで加えればはるかに多い」とし大きな評価はしなかった。

サムスンとアップルの“特許戦争”と関連しては、「ジョブズがサムスンのスマートフォンのデザインを見て『なぜ私の製品を模倣したのか』と火のように怒った。「究極的にはサムスンとアップルが合意点を見出すとみている」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「サムスンとアップルの特許、合意点見いだすだろう」

    2011.11.10 11:07
    뉴스 메뉴 보기
    アップル首席副社長出身のジェイ・エリオット氏。
    TOP