주요 기사 바로가기

<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(27)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.09 18:26
0
#「あなたを信じる」 株主の涙に唇をかみしめて

ソフトバンクをなぜ作ったのか。 デジタル情報革命で人間を幸せにしたいからだ。 安くて速いインターネットを提供することより重要なことはあるだろうか。 ある人は「そんな苦労をしても感謝されない。 誰のおかげかはみんなすぐに忘れてしまう」という。 私はこう言った。

「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」。

これは日本の開化期の政治家、西郷隆盛の言葉だ。 このようにがむしゃらに突っ走る人間はどんなに押さえ込もうとしてもやられないからだ。

超高速インターネット事業を始めるには越えるべきヤマがあった。 株主を説得しなければならなかった。 そうでなくても株価の暴落で株主の苦痛は大変なものだった。 株主総会の日、私は席に座らなかった。 株主の前に立って、株主の非難や訴えを心で聞いた。 時間を理由に話を止めることもしなかった。 すべての質問に対する応答は私がした。 こうして6時間が過ぎると、株主の表情は淡々としていた。 ある高齢女性が立ち上がってこう語った。

「夫の退職金をすべてソフトバンク株に使った。 それが99%下落し、1000万円が10万円になってしまった。 絶望的だったが、今日の話を聞いて、あなたの夢に投資してよかったという気がする。 あなたを信じる。 どうか頑張ってほしい」

株主の目に涙が浮かんだ。 私は拍手で激励された。 感謝の気持ちで深く頭を下げ、唇をかみしめた。 「あの気持ち、あの信頼を絶対に裏切らない。 必ず成功して結果で報いたい」
【特集】<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(27)

    2011.11.09 18:26
    뉴스 메뉴 보기
    2001年、ヤフーBBの職員が東京地下鉄駅で超高速インターネットの販促を行っている(写真=ソフトバンク提供)。
    TOP