주요 기사 바로가기

グーグル会長「韓国人は優れた創造性と才能を持つ」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.09 16:08
0
協業に対する開かれた態度はもう一つの革新を呼び起こす。 グーグル地図を見てもそうだ。 とりわけ雨が多かった今年の夏、韓国の使用者はグーグル地図を利用して暴雨被害地域を人々に知らせ、どの地域に最も支援が必要かが分かるようにリアルタイムで写真を載せた。 グーグル地図サービスを開放したところ、人々は革新的な使用方法を考案したのだ。

このように協業に対して開かれた姿勢を持てば、世界に向かっても開放される。 インターネットは市場・顧客・協力業者がすべてグローバル舞台に立たせた。 インターネットはアジア・ブラジル・ロシア・中東など新しい世界に合流するための最高の道だ。 2年前にインドネシアで花屋をしていたエイド・リスカ氏(Ade Liska)という人は、オンラインにButikbunga.comを開設してブーケを売り、BCAカードで決済する人に配達サービスをした。 驚くことに注文の15%が海外から入った。 インドネシア産の花を友人にプレゼントしたいと思う人たちがいたからだ。 どんなアイデアでもインターネットのおかげで世界を対象にビジネスができるということを証明する小さな一例だ。

一部の人々はこのような開放性を恐れる。 しかし数字を見るとその恩恵に驚く。 特に今年発表された経済報告書では、その恩恵がもっと確実に見える。 インターネットは豪州の国内総生産(GDP)の3.6%を創出した。 これは豪州の鉄鉱石輸出よりも多い。 日本では3.7%と自動車産業より大きく、韓国では4.6%をつくり出した。 マッキンゼーはインターネットで雇用が一つ減る度に新規雇用が2.6件生じると推算した。

いまやすべてのビジネスはインターネットビジネスになっている。 インターネットの経済的恩恵を極大化する方法はインターネットを引き続き開放しておくことだ。 開放は私たち生活の一部だ。 開放がなければ消費者は選択の妙味を失い、企業は自己満足に陥り、結局、社会は革新にいたる動力を失ってしまう。 開放性はみんなのための勝利戦略である。 グーグルの成功は完全に開放されたプラットホーム、すなわち誰も所有しないインターネットに依存している。 そして誰もインターネットを所有しないために、誰もがインターネットを所有でき、そして成功できるようになった。
グーグル会長「韓国人は優れた創造性と才能を持つ」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP