주요 기사 바로가기

韓国産車が日本市場に進出…今度は成功するのか

ⓒ 中央日報日本語版2011.11.09 10:58
0
韓国で生産した自動車が日本市場に進出する。

韓国GMは9日、親企業ゼネラルモーターズ(GM)の日本現地法人「GMジャパン」が韓国GMの富平(ブピョン)工場で生産された小型車「アベオ」を12日から日本市場で販売する、と明らかにした。

これに先立ち韓国GMは日本市場を調査するため、今年6-10月に富平工場で生産したスポーツ用多目的車(SUV)「キャプティバ」311台を日本に輸出した。

先月には「アベオ」1次輸出分195台を船積みした。「アベオ」は日本で「ソニック(Sonic)」という名前で販売される予定。1.6リットル級ガソリンエンジンが搭載されたハッチバックモデルで、現地販売価格は国内(AT車基準1280万-1559万ウォン)の2倍水準の189-198万円(約2721万-2851万ウォン)となる。

韓国車は以前から日本市場をノックしてきたが、一度も成功しなかった。現代(ヒョンデ)車は00年、現地販売法人を設立し、「アバンテ」「ソナタ」などを出したが、09年まで販売台数1万5000台にとどまり、事実上、撤収した。現在は大型バスなど商用車の一部だけを販売している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国産車が日本市場に進出…今度は成功するのか

    2011.11.09 10:58
    뉴스 메뉴 보기
    韓国GMの「アベオ」。
    TOP