주요 기사 바로가기

「来年に戦争が起きる」北朝鮮住民にうわさ広がる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.08 12:00
0
北朝鮮の住民の間に来年戦争が勃発するといううわさが広がっている。占い師まで出てきて「来年の金日成(キム・イルソン)生誕100周年の前に祖国が統一される」という当局の宣伝を予言のように騒ぎたて不安感を助長している。北朝鮮政権が2012年までに強盛大国を建設するという目標への自信が落ちたことで、大勢をひっくり返す極端な措置として戦争を行うという話だ。

米自由アジア放送(RFA)が7日に伝えたところによると、来年の戦争説は金正恩(キム・ジョンウン)が後継者として登場した2009年から流れ始めた。金正恩が金正日(キム・ジョンイル)総書記に、「強盛大国の贈り物として祖国統一を上げたい」と話したという。

最近の10万世帯の住居と主要発電所建設などに支障が生じ、「強盛大国は水泡に帰した」という言葉が出てうわさが広がる雰囲気だ。強盛大国失敗に免罪符を得るため来年に衝撃的な事件を起こすだろうという予測が出てきている。全面戦争より局地戦形式で韓国を挑発し、これが戦争に広がるという意見も出ている。

北朝鮮幹部はこっそりと占い師を訪ねて将来を予測したりする。しかし占い師たちさえうわさに巻きこまれ、「来年に祖国統一がなされる」と予言し北朝鮮社会全体に戦争に対する不安感が広がっているとRFAは伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP