주요 기사 바로가기

<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(26)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.07 18:14
0
#デジタル情報革命、夢をあきらめない

2000年のバブル崩壊は致命的だった。 それでもインターネットは復活するという私の信念は変わらなかった。 むしろ企業価値が根拠なく落ちたこの時期こそ、投資に適した時期だと判断した。 2000年の1年間に投資会社を600社に増やした。 私は以前から「予測できない将来はない」と信じてきた。 船に乗って目の前を見れば船酔いするが、数百キロ先を眺めれば海は穏やかで、気分もよくなる。 これと同じだ。

また私は大勝負、その時までの私の人生で最も大きな挑戦をすることにした。 日本に超高速インターネットを導入するということだ。 当時、日本のインターネットは速度が遅く、料金も非常に高かった。 世界2位の経済大国とは考えられないほどだった。 もちろんこの事業を初めて構想したのは、インターネット株価が高空行進をしていた当時だった。 資金がないという理由であきらめたくはなかった。 いや、そういう状況だからこそ踏み切ろうと心に決めた。 どっちみち資金もなく、非難も浴びるだけ浴びた。何も恐れることはない。

計画を明らかにすると、周囲の反対は激しかった。 超高速インターネット事業をするというのは、すなわち日本最大IT企業のNTTに真っ向から挑戦することを意味した。 さらに役員は「ライバル企業が喜ぶことをなぜするのか」と話した。 その通りだ。 この事業がうまくいけば、自社だけが利益を得るのではない。 ヤフージャパン(ソフトバンクの子会社)のライバルである他のインターネット企業も大きな利益を得る。 私は怒鳴った。

「そんな偏狭な考え方でどうする。 ヤフージャパンがうまくいけばよいのであり、ライバル企業の利益までなぜ心配するのか」。
【特集】<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP