주요 기사 바로가기

アップル「EU、サムスンを反独占の疑いで調査」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.05 12:22
0
欧州連合(EU)委員会がサムスン電子を反独占の疑いで調査中であることが分かった。

アップルは最近、米カリフォルニア裁判所に提出した法律文書で「サムスン電子が通信標準特許を前面に出しながらアップルに圧力を加えているが、これがEUの競争関連法律を違反するかどうか欧州委員会が最近調査に着手した」と主張した。

アップルとサムスン電子は同裁判所でお互い特許侵害で提訴し、訴訟戦を繰り広げている。アップルはサムスンが特許を前面に出しながらiPhone販売禁止を求めるのは、公正な市場競争を抑圧するという主張を展開している。

EUは独占的地位を持つ企業が他の企業の権利を侵害する不公正行為を厳格に規制している。反独占と認められる場合、サムスンが欧州国で進行中のアップルとの訴訟で不利に作用する可能性が高い。

特許専門家フロリアン・ミュラー氏は4日、「アップルの主張通り欧州委員会がサムスン電子を調査しているかどうかはまだ発表されていないが、近いうちに公式発表があるだろう」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP