주요 기사 바로가기

「FTA100日…韓国の輸出17%増、EUは19%増」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.11.04 14:33
0
「韓国で欧州は確実に米国よりも歓待されるだろう」。

延世(ヨンセ)大の文正仁(ムン・ジョンイン)教授(政治学)はこうしたあいさつの言葉で、第1回韓・欧州連合(EU)リーダーズ(leaders)フォーラム「韓・EU協力の新時代を開きながら」の司会を始めた。国会で批准が遅れている韓米自由貿易協定(FTA)とは違い、大きな問題なく7月に暫定発効された韓・EU間FTAを考慮した発言だ。

クリスチャン・エロー議長らEU議会韓半島関係代表団の訪韓を契機に3日、ソウル小公洞(ソゴンドン)のロッテホテルで開かれた会議には、出席予定だった韓国の国会議員の大半が、韓米FTA批准をめぐる与野党の対立のために欠席した。

この日の会議の2番目のセッションでは、「韓・EU間FTAと基本協定:影響力評価」をテーマに韓・EU間FTAを評価した。

▽ジョージ・サビン・クータス氏(EU議会議員)=韓・EU間FTA交渉は決して平坦でなかった。8回にわたって交渉が行われたが、最も大きな難題は欧州の自動車産業だった。しかし韓・EU間FTAで今後5年以内にEUでは191億ユーロ規模の製品とサービスが創出されると予測している。

▽パスカル・コネイス氏(「ビジネスヨーロッパ」貿易政策選任顧問)=EUがアジア市場で結んだ最初のFTA。100日が過ぎた現在、欧州の対韓国輸出は19%増、韓国の対欧州輸出は17%増となっている。一部のメディアは、20年後には韓・EU間の貿易規模が、FTAを締結しなかった当時に比べて2倍以上増えると予想している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP