주요 기사 바로가기

ロンドンで単独公演のSHINee、現地のファンも熱狂

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.11.04 10:15
0
1/2
3日午後、「SHINee in London」コンサートにカードを持って集まったファン。
SHINeeがロンドンで単独公演を行い、欧州のK-POPブームのアイコンであることを立証した。

SHINeeは3日午後4時、ロンドンのレスタースクエアにあるオデオンウェストエンド劇場で「SHINee in London」コンサートを開いた。今回のSHINeeの公演は第6回ロンドン韓国映画祭のオープニングガラコンサートで、韓国アイドル グループの初めてのロンドン単独コンサートだ。

公演が始まる前から劇場周辺はハングルのプラカードと太極旗を持ったSHINeeのファンで人だかりとなった。劇場関係者は、「SHINeeのオープニングガラコンサートが映画『ハリーポッター』シリーズのチケットが販売初日に売り切れたスピードより速かった。チケット前売りで予約システムがダウンしたのはSHINeeの公演が初めて」と驚きの表情を見せた。

また他の関係者は、「チケット予約受け付け開始から1分でサーバーがダウンし、5時間にわたりシステム全体が不通になるハプニングもあっただけに、安全事故に備え世界的なスターの英国訪問時に現場整理と警護を担当する専門警護チームを投じた」と伝えた。

この日SHINeeは「リングディンドン」で公演の幕を落とした。続けて「姉さんはとても美しい」「ジュリエット」「ハロー」「ルシファー」などヒット曲メドレーを披露してファンの熱い反応を得た。劇場を埋め尽くした観客は韓国語でSHINeeのヒット曲を一緒に歌いプラカードと風船を振った。SHINeeのステージを見て涙を流すファンもいるほど反応は爆発的だった。

この日会場には英日刊紙のガーディアンとインディペンデントをはじめ、タイムズとCNNなど現地有力メディアが訪れSHINeeに対する高い関心を実感させた。SHINeeはロンドンでの日程を終えた後4日に韓国に戻った。来月7日に日本で初めてのアルバムを発売する予定だ。その後大阪で単独コンサートを開き日本でのプロモーションと海外活動に集中する計画だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP