주요 기사 바로가기

韓国外交部の恥ずかしい英語力…公務員間の実力の差も大きく

ⓒ 中央日報日本語版2011.11.02 13:51
0
韓国の東亜日報2日付によると、韓国外交通商部は最近、5-7級の実務陣職員を対象に英語能力評価を実施し、独自の基準で1-5等級に分類した結果、最低等級の5等級または受験しなかった人の比率が全体の半分を超える54.3%に達したことが明らかになった。

外交部の英語能力評価は5級公務員以下にはTEPS(ソウル大開発の英語試験)で、4級以上には会話と作文試験で行われる。5等級は「文章構造と語彙上の誤りが対話に支障を招いたり、単語・スペリングの誤りが多いレベル」に分類される。

一方、高い等級を受けた外国語能力優秀者も増え、外交部公務員間で外国語能力の二極化が深まっていることが明らかになった。外交部職員全体を対象にした評価で1-3等級を受けた比率は昨年下半期の8.9%から今年上半期は14.3%、今回は17.3%に増えた。

金星煥(キム・ソンファン)外交部長官はこうした結果報告を受け、「英語の実力が劣る人は適正等級を取得できるまで海外公館に出て行けないようにすることなどを真剣に考える必要がある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP