주요 기사 바로가기

小中学生が運営する親北サイト37件を摘発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.31 11:54
0
警察庁は30日、この3年間に小中学生が運営した親北サイト37件を閉鎖したと明らかにした。この期間にインターネット上で称揚・宣伝活動が摘発され閉鎖された違法サイト281件のうち13.2%を占めた。警察関係者は、「学生たちのほとんどが、自身が運営するサイトの訪問者を増やすために、あるいは単純な好奇心のためにこのような資料を上げたとみられる。一部教師が親北表現物を見るよう勧めているとの情報提供があり、これを確認する計画」と話した。

警察はこの期間に親北サイト運営で摘発された165人を分析した結果、これらの中には教師・公務員・軍人などが含まれていると明らかにした。警察がアクセスを遮断した海外の親北サイトは44件で、削除した親北掲示物は15万件余りに達する。昨年から遮断した親北ソーシャル・ネットワーキング・サービスアカウントは219件だ。

警察はまた、すでに閉鎖されている代表的な親北インターネットカフェの「サイバー民族防衛司令部」の核心会員らがまた別のサイトを開設して活動している状況を確保したと説明した。 このカフェは金日成(キム・イルソン)・金正日(キム・ジョンイル)・金正恩(キム・ジョンウン)に対する忠誠を誓う文「あなたに捧げる詩」を作成し国家保安法撤廃署名をした300人の会員等級を引き上げていた。あるカフェ会員は昨年北朝鮮の爆撃被害を受けた延坪島(ヨンピョンド)に入り、最近まで滞在しながら「連邦制統一案は偉大なる首領様が出された正当な統一方法」という内容の利敵表現物を配布して検挙された。この会員は警察で自身の行動はすべて認めながらも、「国家保安法に違反していない」と主張したという。警察はこの会員をはじめ、親北サイトを運営していた大韓航空機長や兵務庁の公務員らに対する調査を近く終える計画だ。

警察庁のイム・グクビン保安2課長は、「今後も親北サイトを持続的に取り締まる。学生に対する安保教育を強化し親北理念の拡散を防ぐ必要性がある」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP