주요 기사 바로가기

「アップルは恋人、サムスンは同業者…iPhone4Sに熱狂する理由」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.31 10:50
0
「酷評を受けたiPhone4Sがスティーブ・ジョブズの死後に飛ぶように売れた理由は何か。アップルは人でいえば恋人だからだ。少し気に入らないからといって捨てることはできない」。

21日に会った朴忠煥(パク・チュンファン)南カルフォルニア大(USC)経営専門大学院教授は「アップルがよく売れる理由」をこのように説明した。朴教授はブランドと消費者の関係をテーマにした論文で先月、マーケティング界のノーベル賞と呼ばれる米国消費者心理学会(SCP)の「今年の学者」に選ばれた。

朴教授によると、人がある製品を選択するのは多くの場合、機能的優位のためだという。ライバル製品よりも便利であるため、その製品を購入するということだ。サムスンの製品もこうしたケースだ。

しかしアップルの製品を買う場合、機能は副次的な問題となる。アップル製品を持っているという自体で満足感を感じる。パク教授がアップルを恋人に例えた理由もここにある。

恋人も当初は「ハンサムだから」「親切だから」などの理由で好きになる。しかしある瞬間、理由もなく好きになる。愛するようになった理由は副次的なものになる。

アップル製品も最初は「便利だから」 「デザインがよいから」という理由で選択されてきた。しかし今は「アップルだからよい」ということだ。アップルマニアの登場だ。

どのように情熱的なファンが生まれたのか。朴教授は「アップルの製品は単なる製品を越えて、創意性と革新性を象徴するアイコンに昇華したため」と診断した。製品が発売される度に最高経営責任者のジョブズが演説者として登場し、創意性と革新性を強調したアップルのマーケティング戦略、指だけで携帯電話のすべての機能を操作できるようにした発想の転換に、消費者は魅了された。その後、アップルの製品を使用するということは、ジョブズの創意的な歩みに参加するという意味を持つようになったということだ。
「アップルは恋人、サムスンは同業者…iPhone4Sに熱狂する理由」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「アップルは恋人、サムスンは同業者…iPhone4Sに熱狂する理由」(1)

    2011.10.31 10:50
    뉴스 메뉴 보기
    アップルの元CEO、故スティーブ・ジョブズ氏。
    TOP