주요 기사 바로가기

「ユーロファイター、ステルス能力低いがバランス取れた戦闘機」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.27 16:20
0
◇EADSのマリアーノ・バレナ韓国担当

欧州航空宇宙防衛会社(EADS)が提示するユーロファイター(EF)もセミステルス機だ。 このため付加機能を協調している。 スペイン・ドイツなど4カ国の連合体であるEADSのマリアーノ・バレナ韓国担当に会った。

--EFはステルス機能が弱い。

「ステルス性能がF-35より低いことは否定しない。 しかし速度、機動性、生存力、 IRST(赤外線探知機)、高性能METEOR空対空ミサイルなどで均衡を合わせられる。 私たちはステルス機能をスピードの次の変数と見ている。 F-35はステルスのために非常に多くのことをあきらめ、全体的なバランスがよくない。 特殊目的機に近い。 F-35の韓国引き渡し時点は2016年と聞いているが、不可能だとみている。 今のステルス技術は20年前のもので、違った技術が発達している」

--EFの他の長所は。

「統合され、自律性が高まった抗戦装備が挙げられる。 また、F-35よりも小さいが、より多くの武器を運用できる。 特に韓国政府がより多くの技術移転を要求すれば、私たちは米国よりもはるかに良い立場だ」

--韓国に提案するバージョンは何か。

「現在開発中のトレンチ-3バージョンだ。 ここにCaptor-E AESAレーダー、 METEORミサイルを組み合わせれば、卓越したキラーになるだろう」

--韓国にはステルス機能が必要だ。

「そうではない。 脅威の様相を見ればよい。 北朝鮮の長射砲と核が懸念されるが、韓国は情報資産で北朝鮮の動きが分かる。 これをミサイルで攻撃すればよい。 ステルス機は戦争初日に必要かもしれないが、他の手段もある」

--価格はどうか。 ドイツによると、EFの価格は9400万ユーロ程度だ。

「基本型はその半分の4000万ユーロほどだ。 具体的な価格は要求条件が提示されてこそ言える」(ブラジル・インド・日本にEADSが提示した価格は1機当たり1億5000万ドル)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ユーロファイター、ステルス能力低いがバランス取れた戦闘機」

    2011.10.27 16:20
    뉴스 메뉴 보기
    EADSのマリアーノ・バレナ韓国担当
    TOP