주요 기사 바로가기

<野球>オリックス、李大浩獲得方針を最終確定

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.10.27 09:20
0
日本プロ野球のオリックスが李大浩(イ・デホ、29、ロッテ)獲得方針を最終確定した。韓国シリーズが終わった後、李大浩がフリーエージェント(FA)になれば、本格的に入団交渉に入る。

日本野球に詳しい関係者は26日、「オリックスが李大浩獲得を進めることを最終決定したと、球団関係者が話した」と伝えた。この関係者は「来季のために李大浩を獲得するようだ」とし「李大浩がFA資格を得た後から交渉に入るだろう」という意向を明らかにした。

オリックスが李大浩に2年・5億円(約75億ウォン)を準備しているという報道も出てきた。日本のスポーツニッポン電子版は26日、「岡田彰布オリックス監督が球団オーナーに『パリーグには左投げの好投手が多いので打線の中心に右打者が必要』と要請した」とし「オリックスが韓国の看板打者・李大浩を獲得するために、インセンティブを含めて2年総額5億円前後を用意している」と伝えた。

しかしオリックス関係者は「その金額は事実でない」と否定した。オリックスは春から李大浩に注目してきた。今季オリックスは朴賛浩(パク・チャンホ)と李承ヨプ(イ・スンヨプ)を迎え、国内放送およびインターネットポータルサイトと総額5億円(推定)規模の中継権契約をした。しかし来年の中継権販売見通しが不透明になり、最近までオリックスの李大浩獲得の可能性は高くないと予想されていた。

オリックスは今季パリーグ4位に終わり、惜しくもポストシーズン進出を逃した。チーム打率2割4分8厘(4位)、76本塁打(4位)という攻撃力が足を引っ張った。結局、チームの戦力と来年の目標、李大浩の技術などを検討した結果、獲得する必要があるという結論が出てきた。

オリックスが李大浩獲得方針を確定したことで、ロッテが李大浩を守れるかどうかが関心事に浮上した。ロッテ球団のチャン・ビョンス代表は「FA優先交渉期間中に無条件に李大浩を引き止めるというのが大原則」と述べた。金額については「誰もが常識と考えるラインではないか」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>オリックス、李大浩獲得方針を最終確定

    2011.10.27 09:20
    뉴스 메뉴 보기
    李大浩(イ・デホ、29、ロッテ)。
    TOP