주요 기사 바로가기

<サッカー>洪明甫監督、五輪代表選手構成のため日本へ

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.10.26 11:26
0
オリンピック(五輪)サッカー代表チームの洪明甫(ホン・ミョンボ)監督(42)が26日、日本へ向かった。来月23日と27日に行われるカタール・サウジアラビアとの2012ロンドン五輪アジア地域最終予選2連戦を控え、選手構成を終えるためだ。

洪監督が日本行きの飛行機に乗った表面的な理由はJ2リーグ試合の観戦。26日に平塚で行われた湘南ベルマーレと京都サンガのJ2リーグ試合を視察し、ハン・グクヨン(湘南)、チョン・ウヨン(京都)ら五輪代表の中央MF2人のプレーをチェックした。

しかしその裏にはもっと重要な理由がある。洪監督は日本に数日間滞在しながら、韓国五輪代表メンバーを保有するJリーグのクラブ関係者に積極的に接触する予定だ。選手招集への協力を求めるためだ。

五輪代表にはハン・グクヨン、チョン・ウヨンをはじめ、チョ・ヨンチョル(新潟)、キム・ボギョン(セレッソ大阪)、キム・ミンウ(鳥栖)、ペ・チョンソク(神戸)、キム・ヨングォン(大宮)ら多くの日本組メンバーが存在する。すべて核心メンバーだ。

その間、日本のクラブと交流しながら選手招集について口頭で約束をしてきたが、安心は禁物だ。五輪最終予選が開かれる11月は韓国だけでなくJリーグもシーズン終盤となる。順位争いが激しく繰り広げられるだけに、洪明甫チームの選手協力要求を拒否する可能性もある。五輪代表はA代表チームとは違って、所属チームが選手招集に応じる義務はない。

日本訪問を控えた洪監督は26日、日刊スポーツとの電話で、「良い結果があると信じている」と言いながらも「期待と同じほど不安もある。もしもの場合に備えた‘プランB’を常に念頭に置いている」と述べた。

五輪代表は来月4日から南海スポーツパークで、国内組選手を対象に招集して練習を始める。日本組の合流時期は今後決めることにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>洪明甫監督、五輪代表選手構成のため日本へ

    2011.10.26 11:26
    뉴스 메뉴 보기
    選手と抱擁しているオリンピック(五輪)サッカー代表チームの洪明甫(ホン・ミョンボ)監督(写真右側)。
    TOP