주요 기사 바로가기

【コラム】不安定な欧米のため韓国経済が心配?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.24 17:27
0
米国経済が失速している。 ユーロゾーンの財政状態は依然として混乱している。 その余波がアジア地域でも感知されている。 今年、アジア地域の経済は順調に出発した。 しかし海外市場の需要が減り、4-6月期には成長がやや鈍った。 その結果、今年のアジア地域の成長率は今年春の国際通貨基金(IMF)経済予測よりやや低くなりそうだ。

今年の韓国経済も、グローバル経済状況と地域の流れに沿っている。 韓国は景気順応的な通貨政策で、公共の需要を内需に立派に転換させた。 そのおかげで経済が飛躍的に回復した。 韓国経済が今年1-3月期に好スタートを切れたのもこのためだ。 しかし世界経済が失速したことで、市場参加者がリスクを回避し始めた。 その余波で輸出のほか、国内の企業と消費者も委縮した。 建設部門の沈滞は続いている。 これは投資の障害として作用している。

世界経済見通しは悪化したが、短期的な韓国の成長見通しは悪くない。 IMFは韓国の成長率が今年4.0%に緩和すると予想している。 しかし2012年には4.4%に上がると見込んでいる。 こうした予測には4-6月期の成長率が予想よりも低調で、世界経済見通しが明るくないという点が反映されている。

韓国は世界のさまざまな地域に輸出している。 輸出市場は多角化されている。 しかし先進国の成長率が低下し、韓国の輸出品に対する全般的な需要も減ると予想される。 にもかかわらず、韓国政府は景気順応的な通貨政策で内需をずっと刺激し、来年は成長率がまた上がる年になりそうだ。

IMFは今年の韓国の消費者物価指数(CPI)上昇率を平均4.5%と予想している。 来年は物価上昇率が3.5%に低下すると見通している。 こうした予測には、今年の夏の暴雨による農産物供給衝撃だけでなく、内需が相変わらず堅調という点も反映されている。 経済政策担当者はインフレ圧力を管理しながら、成長を妨げるリスクを予防しなければならない。 物価の安定と成長の間で均衡を細かく維持する措置を取る必要がありそうだ。
【コラム】不安定な欧米のため韓国経済が心配?(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP