주요 기사 바로가기

韓国の中年独身男性「韓国人女性は理想が高い…国際結婚を決心」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.24 15:49
0
実際、イさんのように都市に住む独身男性が海外から妻を迎えるケースが増えている。 国際結婚は通常、農村の独身男性がするものという通念を覆す統計だ。 昨年、外国人妻を迎えた韓国人男性は計2万6274人。 このうち1万8605人(71%)は‘町’に住んでいる。 邑・面に住んでいる人は7219人で、30%にならなかった。

昨年、男性の国際結婚が最も多かった市・郡・区を見ても結果は同じだ。 慶尚南道昌原市(キョンサンナムド・チャンウォンシ)537人、京畿道安山市(キョンギド・アンサンシ)535人、京畿道水原市(スウォンシ)514人、蔚山市(ウルサンシ)455人、京畿道富川市(プチョンシ、447人)など上位10位圏地域がすべて都市だ。 共通点は、大規模な工業団地が位置し、未婚男性の数が未婚女性に比べてはるかに多いという点だ。

国際結婚情報業界の関係者は「最近、東南アジア政府が国際結婚の成立要件を強化し、都市の独身男性の国際結婚が相対的に大きく増えた」と話した。 京畿道安山市でベトナム専門結婚情報会社を運営するハン・ギョンミ社長は「安定的な所得に関する資料を提出しなければならず、農村よりも都市の独身男性が有利になった。 女性も都市生活を好む人が多い」と説明した。

ソウル瑞草洞の国際結婚情報会社も同じだ。 国際結婚の依頼はほとんど全羅南道麗水市(チョンラナムド・ヨスシ)、慶尚北道浦項市(キョンサンブクド・ポハンシ)など工業都市から多く入るという。 同社のチェ・ミラン課長は「経済力が低い男性、母と一緒に暮らす男性など、結婚市場で相対的に疎外された人が多い」と説明した。

全北(チョンブク)大社会学科のソル・ドンフン教授は「低所得・低学歴の比率が高い未婚男性は、開発途上国の女性との結婚を通して問題をやや解消できる。 しかし高所得・高学歴の比率が高い未婚女性の結婚は徐々に難しくなるだろう」と述べた。
韓国の中年独身男性「韓国人女性は理想が高い…国際結婚を決心」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP