주요 기사 바로가기

マイクロソフト・サムスン、アップルの人材を狙う(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.24 11:59
0
「アップルでソフトウェア開発経験のある方歓迎します」

マイクロソフト(MS)公式ウェブサイトに上がっている求人広告だ。アップルのクパティーノ本社に近い米カリフォルニア州マウンテンビューオフィスに勤める経験者を募集するというものだ。アップルのMacOSとiOSの開発経験者とアップルの特定ソフトウェア技術を持つ人を優遇するという事実を明確に示した。

5日にアップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏が死去した後、アップルの人材をスカウトしようとする動きが活発だ。

ベールに隠されたアップルだけの「革新DNA」を伝授しようとする戦略の一環だ。アップルは「iPhone」発売後毎年2けたの成長を続けIT市場を主導してきた。しかし秘密主義を指向するジョブズ特有の経営スタイルと低い離職率により内部の話が表に出ることはあまりない。

競合企業がアップル式革新経営と技術開発のノウハウをベンチマーキングしようとしても接近する方法がなかったのだ。

だがジョブズの強固なリーダーシップが消えアップルの人材争奪戦が本格化している。ジョブズ死去後、組織のあちこちで指導力喪失の兆候が現れており、スカウトできる可能性が大きくなったためだ。アップルの首席デザイナーで副社長のジョナサン・アイブも「ジョブズが私の創意性を自分のことのように話す時に深く傷付いた」とジョブズの伝記作家のウォルター・アイザックソンに打ち明けた。ジョブズが生存しているならばあえて取り上げることはできない発言だ。


マイクロソフト・サムスン、アップルの人材を狙う(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    マイクロソフト・サムスン、アップルの人材を狙う(1)

    2011.10.24 11:59
    뉴스 메뉴 보기
    アップルの副社長のジョナソン・アイブ氏
    TOP