주요 기사 바로가기

世界名門ベルリン・フィル…日本人コンサートマスターを続けて選んだ理由は?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.24 10:23
0
08年11月にソウル「芸術の殿堂」で開かれたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の来韓公演。体格が大きいドイツ人の副コンサートマスターの右側に、彼の肩ほどの身長の演奏者が座っていた。日本人バイオリニスト、安永徹氏(60)。安永氏はオーケストラ全体の‘班長’にあたるコンサートマスターだった。

安永氏は1983年からベルリン・フィルのコンサートマスターを務め、2009年にオーケストラを離れた。世界的名門楽団のベルリン・フィルに初めて入城した東洋人コンサートマスターは音楽界の伝説だった。現在は日本に帰って演奏・教育活動をしている。

来月15、16日のベルリン・フィルの来韓にも日本人コンサートマスターが登場する。32歳のバイオリニスト樫本大進氏。樫本氏は‘日本人コンサートマスター’の伝統を引き継いだ。3年ぶりに来韓するベルリン・フィルの舞台に連続で日本人コンサートマスターが登場するのだ。

樫本氏はロンドンで生まれ、ドイツ・米国などで勉強した後、国際コンクールなどで名前が知られた独奏者だった。樫本氏は電話インタビューで「08年に友人に勧められてベルリン・フィルのオーディションを受けた。日本人コンサートマスターの後をまた日本人が継ぐことになったのは偶然だ。ベルリン・フィルは団員の出身国籍・学校などが全く問題にならないということを入団後に知った。それで日本人が続けてコンサートマスターを務められるようになった思う」と述べた。

樫本氏がコンサートマスターのオーディションを受けた当時、最後の競争者となったバイオリニストは中国系だったという。
世界名門ベルリン・フィル…日本人コンサートマスターを続けて選んだ理由は?(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    世界名門ベルリン・フィル…日本人コンサートマスターを続けて選んだ理由は?(1)

    2011.10.24 10:23
    뉴스 메뉴 보기
    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスター樫本大進氏(左)。17歳から各種国際コンクールで優勝してきたスタープレーヤーで、2年前にオーケストラを選択した。「独奏とオーケストラ演奏は完全に違った職業と感じられる」と語った。樫本氏はベルリン・フィルの歴代2人目の日本人コンサートマスター。
    TOP