주요 기사 바로가기

韓国開催の世界ミスコン“セクハラ”波紋…真実攻防へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.22 11:51
0
韓国で開催された世界美人コンテストに出場した英国人女性が「セクハラにあった」と主張した事件が、真実ゲームへと向かう様相だ。

1日から15日までソウル・大邱(テグ)・釜山(プサン)などで開かれた「ミスアジアパシフィックワールド大会」に英ウェールズ代表として出場したエイミー・ウィラトンさん(19)が大会の途中で帰国し、英国のBBC・デイリーメールなど自国のメディアにこうした内容を主張したからだ。

しかし大会を主催したエリートアジアパシフィックのチェ・ヨンチョル代表(43)は「彼女の主張は誇張されたものか、文化的な違いから生じた誤解」と反論した。

◇賞が欲しければ‘性上納’を?=‘性上納’の話を受けたというウィラトンさんの主張に対し、チェ代表は「当時、参加者を案内した組織委関係者の中には英語をうまく話せる人がいなかった」とし「通訳を通して対話が行われたのに、そういうことが起こる状況ではない」と否定した。

「大会期間中は参加者がスポンサー関係者と同席する行事が多かったが、その場所で高齢のスポンサー役員が親しみを表すために参加者の背中や肩をたたいたのをセクハラと誤解した可能性がある」と釈明した。韓国との文化的な違いのために発生した誤解という説明だ。

◇一日一食の食事提供?=ウィラトンさんは「大会組織委側は食事もきちんと提供しなかった。一日一食だけ与えられた」と主張した。

これについてもチェ代表は「彼女がなぜそんな話をしたのか理解できない」と話した。インド代表など菜食をする3-4人の参加者に別のメニューを準備するなど最善を尽くしたということだ。

チェ代表は「ただ、11日のスーパートップタレント大会を控え、リハーサルをしながら弁当を支給したことがあるが、一部の参加者は弁当が口に合わなかったようだ」と述べた。

◇ベッドもない宿舎を提供?=ウィラトンさんは「組織委側からベッドもない宿舎を提供され、宿泊費が支払われずホテルの職員に引き止められた」と話した。チェ代表はこの点に関し「申し訳ない」と謝罪した。ソウル大会組織委員会がホテル宿泊費を適時に支払わず、20人だけがホテルで宿泊し、残り29人は楊平(ヤンピョン)のペンションで泊まるしかなかったと説明した。

チェ代表は「ペンションにベッドがなかった。ホテルでなかったことに参加者が不満を表した」とし「行事の進行がスムーズでなかった」と認めた。また「大きな寺院で一晩テムプルステイをしたのも不便だったようだ」と話した。

◇警察にお金を渡した?=ウィラトンさんは「大邱(テグ)でセクハラ申告を受けて出動した警察官が組織委の関係者から金を受け取った」と話した。しかし警察が調べた結果、当時出動したキム警査(50)は大会関係者からお金でなく名刺を受けたことが明らかになった。

チェ代表は「これは国の威信に関する重大な問題」とし「ウィラトンさんがスーパートップタレント大会で入賞できなかったため、英国に帰って誇張して話したようだ」と不快感を表した。チェ代表は「ウィラトンさんに対しては、大会に最後まで参加するという契約を違反した点で損害賠償請求訴訟を起こす方針」と述べた。

波紋が広がったことを受け、大邱北部警察署は大会関係者を呼び、ウィラトンさんの主張が事実かどうか確認することにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国開催の世界ミスコン“セクハラ”波紋…真実攻防へ

    2011.10.22 11:51
    뉴스 메뉴 보기
    「セクハラを受けた」というエイミー・ウィラトンさんの主張を報じた英デイリーメール。
    TOP