주요 기사 바로가기

アップルと会った李在鎔社長、サムスン経営の前面に出るのか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.20 14:39
0
李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子社長(43)が経営の前面に立った。 アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)と米国で電撃会談し、ビッグディールの下絵を描いて帰ってきた。

19日朝に帰国し、金浦(キンポ)空港で記者らに会った李社長は「ジョブズ追悼式の後、クックCEOに会い、2、3時間ほど両社の関係を発展させていこうという趣旨の対話をした」と明らかにした。

特に「(アップルに対するサムスンの)部品供給は来年まではそのまま(従来の契約通り)行い、2013-2014年の長期契約はどのようにより良い部品を供給するかについて話をした」と述べ、関心を引いた。 両社が激しい訴訟戦を繰り広げている状況であるにもかかわらず、部品分野では緊密な協力関係を継続することが事実上決まったという意味だ。

李社長が経営上の重要決定事項について、このように詳細な説明をしたのは初めてだ。 国内外の主要顧客企業を管理するサムスン電子の最高運営責任者(COO)として、今後、アップルとの関係について比較的明快に交通整理をしたということだ。

その間、李社長は主に父の李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長を後ろで静かに補佐する姿を見せてきた。 記者らと会った席でも、重要な問題については「会長が決めること」と言葉を控えた。

しかし今回は違った。 サムスン電子の最も強力なライバルであり最大顧客であるアップルのCEOとの敏感な対話に単独で臨んだ。 10分間続いた記者との問答でも終始余裕があり、主導的な姿勢を見せた。 財界から李社長が今回の追悼式出席をきっかけに行動範囲をさらに広めるとの予想が出ている理由だ。
アップルと会った李在鎔社長、サムスン経営の前面に出るのか(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    アップルと会った李在鎔社長、サムスン経営の前面に出るのか(1)

    2011.10.20 14:39
    뉴스 메뉴 보기
    李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子社長(43)。
    TOP