주요 기사 바로가기

北朝鮮、07年にすでに核開発…韓国政府は「全く知らない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.20 08:22
0
自由先進党の朴宣映(パク・ソンヨン)議員は19日、国会で行われた外交・統一・安保分野の対政府質問で、「北朝鮮は現在、平安北道東倉郡栗谷里(ピョンアンブクド・ドンチャングン・ウルゴクリ)の地下に新しいウラン濃縮施設を建設し、稼働中」と主張した。続いて「ここで作った小型核弾頭が射程距離500キロのミサイルに装着してロシア製の軍用車両に搭載され、すでに江原道(カンウォンド)地域への配備を終わらせた」と述べた。

朴議員は「東倉郡の核施設建設当時に警備を担当した中隊長イ・ギスン中佐(52)の証言」とし、このように明らかにした。朴議員は「イ中佐は北朝鮮はすでに2001年に東倉郡核施設の基本工事を始め、06年に完了したと明らかにした」とし「北朝鮮はすでに07年からプルトニウム方式を濃縮ウラン方式に転換し、核兵器を開発しているが、韓国政府は全く知らず、北朝鮮にもてあそばれている」と指摘した。

さらに「北朝鮮が昨年、寧辺(ヨンビョン)核施設の査察を受けるという意思を明らかにしたのも、東倉郡の核施設が正常に稼働していたため」と主張した。

 
これに対し金滉植(キム・ファンシク)国務総理は「政府も北朝鮮の核開発には深い懸念を抱いており、関係国と緊密に協力しながら動向を把握している」と答えた。

この日の対政府質問に出席した金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官は「(北朝鮮の挑発時は)報復レベルで休戦ラインを越えて(戦闘機を)運用するのにいかなる支障もない」と明らかにした。ハンナラ党の金正薫(キム・ジョンフン)議員の「北朝鮮が以前のようにわれわれの領土を砲撃すれば、戦闘機が休戦ラインを越えて作戦することが可能か」という質疑に対してだ。

金星煥(キム・ソンファン)外交通商部長官は、北朝鮮に抑留された「統営(トンヨン)の娘’シン・スクジャさん母娘送還のために「国連に請願して解決する方法を進めている」と述べた。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP