주요 기사 바로가기

野田首相にインタビュー(1) 韓国との関係進展、日本に極めて重要

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.19 16:28
0
日本の野田佳彦首相(54)は17日午後、中央日報の単独インタビューに応じ、「現在の偏った円高を懸念し、投機的な動きがないか注視している」と述べ、円高阻止のための為替介入の可能性を表した。「あらゆる措置を排除せず、必要な場合には断固として行動する」ということだ。

今回のインタビューは野田首相の訪韓(18-19日)を控えて行われた。野田首相は8月30日の首相就任以降、日本国内でどのメディアの単独インタビュー要請にも応じてこなかったが、今回、初めてのインタビューに中央日報を選んだ。野田首相はインタビューの終始、最初の首脳会談訪問国に決めた韓国に対する愛情を表した。インタビューは東京永田町にある首相官邸4階の応接室で行われた。

#韓国との関係進展、日本に極めて重要

--国際会議のための訪問を除いて、今回、初めての外遊先を韓国に決めた理由は。

「日韓両国は、基本的価値、東アジア地域の平和と繁栄の確保などの利益を共有しており、日韓関係を前進させることが日韓双方にとって極めて重要と考えている。最も重要な隣国である韓国と、このような考えに基づいて協力関係を築いていきたい」

--19日の李明博(イ・ミョンバク)大統領との会談では、どんな議題に重点を置く考えか。

「日韓EPA〔経済連携協定、韓国では韓日FTA(自由貿易協定)〕をはじめとする日韓経済関係の発展や北朝鮮問題への対応における連携になるだろう」

--李大統領に対する印象は。

「私は3年前の李大統領の就任式に出席した。当時、就任式の演説に感動した。ビジネスマンとしての経験を土台に世界で起きているグローバルな問題を(正確に)判断しているという点で、私は李大統領を尊敬している。李大統領といつでも忌憚なく話し合える関係をつくりたい」

--今回、朝鮮王室儀軌も引き渡すことになるが、韓国国民に伝えたいメッセージは。

「(引き渡し対象の朝鮮総督府図書1205冊のうち) 5冊を私が持って行く。今回引き渡す5冊は韓国国民に韓国の人々にとって極めて重要な意味を持つもので、韓国における学術的・文化的研究の促進に寄与することを通じて、専門家同士の学術交流を始め、両国間の文化交流および文化協力の発展に資することになると考える。そのほか(の文化財)は李明博大統領に必ずお渡ししたいので(12月に)日本に来られることを願う」
野田首相にインタビュー(2)「日本再生戦略」で雇用を創出


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    野田首相にインタビュー(1) 韓国との関係進展、日本に極めて重要

    2011.10.19 16:28
    뉴스 메뉴 보기
    野田佳彦日本首相(左)が17日、東京の首相官邸で補佐官が同席した中、金玄基(キム・ヒョンギ)中央日報特派員のインタビューに応じている。野田首相は慰安婦問題など敏感な部分については慎重だったが、自衛隊出身の父と松下政経塾などの質問には詳しく答えた。
    TOP