주요 기사 바로가기

コヨーテのクローン化に世界初成功…黄禹錫氏が再起目指す

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.18 09:42
0
黄禹錫(ファン・ウソク)博士チームが絶滅の危機に瀕しているコヨーテのクローンに成功した。同種交配ではなく犬の卵子を利用した異種間クローンを通じてだ。異種間クローンはヤギとヒツジの間であったがコヨーテと犬の間では世界初だ。

2005年に幹細胞論文ねつ造問題を起こした黄禹錫博士がコヨーテのクローンを通じて再起を進めている。

しかし学界の一部では、コヨーテの異種間クローンの成果が学術誌などに掲載されておらず、まだ研究成果が検証されていないためしばらく見守るべきという立場だ。

黄禹錫スアム生命工学研究院責任研究員は17日、平沢市振威面(ピョンテクシ・チンウィミョン)にある京畿道(キョンギド)畜産衛生研究所野生動物救助センターで、クローンで誕生したコヨーテ8頭を京畿道に寄贈した。京畿道とスアム生命工学研究院は6月に絶滅危機動物の体細胞複製生産に関する研究協約を締結し、複製されたコヨーテ生産はスアム生命工学研究院が、飼育と分譲は京畿道がそれぞれ引き受けることにした。

黄博士チームがこの日寄贈したコヨーテは、コヨーテの体細胞を犬の卵子に移植する体細胞核移植方法でクローン化したものでメス3頭とオス5頭だ。

黄博士チームは、「2004年にクローン犬を作成する際に1208回の試みの末に1度成功したが、最近では複製成功率が50%だ。犬の研究を絶滅危機動物のコヨーテに拡大適用したもの」と説明した。

黄博士チームは2月19日に1次実験をし、6月17日にメス3頭、同月30日にオス5頭のコヨーテを自然分娩で得るのに成功した。

黄博士は、「現在関連研究成果を世界的な学術誌で審査中だが、エンバーゴがかかっており学術誌の名前は公開できない」と話した。

一方、黄博士チームはこの日、「現在アフリカの野生犬のリカオンのクローンを研究中で、異種間でない異属間クローンに挑戦している」と明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP