주요 기사 바로가기

2回目のF1コリアGP、成果と課題は?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.10.17 17:52
0
世界最高のカーレース、F1コリアGPが16日に幕を下ろした。 運営法人オート・バレー・オペレーション(KAVO)の代わりにF1組織委員会が大会を開催した初の大会は、運営と興行の面で成功的だった。 しかし依然として解決すべき点も多い。

昨年のF1コリアGPでは、交通・宿泊施設など観客の便宜で大きな問題が浮き彫りになった。 サーキット周辺の違法駐車が多かったうえ、車の統制にも失敗し、周辺道路に深刻な交通渋滞が発生した。 しかし今年はう回道路とサーキット循環道路が造成された。その結果、シャトルバスが効果的に運営され、駐車問題も解決した。

宿泊施設の問題は、キャンピングカーやテンプルステイなど、さまざまな方法を動員し、ある程度解決した。 トイレや飲食品販売など便宜施設も大幅に拡充された。 レースに関しても昨年の経験を生かし、各チームとドライバーが競技力を発揮するうえで大きな問題はなかった。

興行も成功したといえる。 F1大会組織委員会は、決勝戦の16日の8万4000人のほか、フリー走行の14日と予選の15日を合わせて、3日間で計16万人の観客が集まったと発表した。

昨年は観客席が空くことを憂慮して無料入場券が配られた。今年は家族連れの観客が増えた。企業ブースもすべて完売となった。 入場収益は昨年の130億ウォンから約200億ウォン(約14億円)に増える見込みだ。

しかし成功というにはまだ早い。 大会を開催する度に発生する費用のためだ。 競技場建設など先に投資された費用を除いても赤字が続いている。 今年は700億ウォンの赤字が予想される。

964億ウォンを記録した昨年に比べると減ったが、規模はあまりにも大きい。 F1のグローバルスポンサーのLG、国内スポンサーとして参加したポスコとSKルブリカンツのほかには、国内企業の参加はあまりなかった。

豪州や中国など他の開催国もF1で赤字を出しているのが現実だ。 しかしF1を基盤にブランド価値を拡張するなど無形の産物を手にしている。 こうした価値の創出が急がれる状況だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    2回目のF1コリアGP、成果と課題は?

    2011.10.17 17:52
    뉴스 메뉴 보기
    F1コリアGPが16日に幕を下ろした。
    TOP