주요 기사 바로가기

【コラム】静かなウォール街デモvs騒がしいソウルデモ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.17 17:15
0
「ウォール街を占領しろ」(Occupy Wall Street)というスローガンでニューヨークで始まったデモが全世界に広がっている。 先週末にはウォール街での最初のデモから1カ月を迎え、「世界一斉行動日」集会が世界およそ80カ国・900都市で開かれたという。 この日ソウルでも一部の市民団体と労働団体を中心に小規模な集会があった。 金融圏の貪欲に抗議する今回のデモに、今後、米国や主要国の政治指導者がどう対応し、どんな政策を出すかが気になる。

今回の事態を眺めながら、改めて民主主義先進国の米国のデモ方式に注目することになった。 報道によると、ノーベル経済学賞を受賞したジョセフ・スティグリッツ・コロンビア大教授がデモ現場で演説をする際、不法という理由で拡声器を使用できなくなると、スティグリッツ教授の演説の一言一言をデモ隊が復唱し、みんなに聞こえるようにしたという。 断片的な例だが、不満を抱いてデモに参加した人たちが自分たちの主張をしながらも、法をできるだけ守ろうという姿が非常に印象的だ。

同じ頃、韓国での風景は全く違っていた。 先日、半額大学授業料を主張しながらソウル清渓(チョンゲ)広場で集会を開いた参加者は、ソウルの真ん中の道路を占拠し、2時間以上も交通をまひさせた。 自称「希望バス」デモ隊も最近、釜山都心の道路を不法占拠してデモを行った。 一部のデモ隊は釜山国際映画祭が開催されている広場で一晩中、酒宴までしたという。

不法デモとそれによる不便も問題だが、デモ隊が起こす騒音も耐えがたい。 清渓広場前のビルの入居企業は、労働団体が数カ月前から出している騒音のために営業損失が発生し、精神的苦痛に絶えられず、警察に嘆願書を提出したという。 ソウル広場周辺のホテルは、外国人客から集会の騒音で眠れないという激しい抗議を受け、客室を変えたという話もある。

メディアで一つひとつ報道されていないが、こうした例は非常に多い。 労働団体や市民団体が主催する集会は拡声器を動員し、スローガンを叫び、闘争歌謡を流す。 都心の会社で労使紛争が発生すれば、その騒音に周辺ビルで働く人たちは苦しむ。 自分とは全く関係のないことで、一日中騒音に苦しむことになれば、誰でも怒りを感じるだろう。
【コラム】静かなウォール街デモvs騒がしいソウルデモ(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP