주요 기사 바로가기

<F1コリア>ルイス・ハミルトンが予選でトップに

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.10.16 10:44
0
ルイス・ハミルトン(英国・マクラーレン)がF1コリアグランプリの予選でトップとなった。ハミルトンは15日に全羅南道霊岩(チョンラナムド・ヨンアム)のコリアインターナショナルサーキットで開かれた予選で、5.615キロメートルのサーキットをベストタイム1分35秒820で走り最も良い成績を出した。

ポールポジション(予選1位)を占めたハミルトンは16日午後3時から開かれる決勝レースで最前列からスタートすることになる。セバスチャン・ベッテル(ドイツ・レッドブル)が1分36秒042で2位、3位のジェンソン・バトン(英国・マクラーレン)は1分36秒126の記録を出した。ハミルトンは今シーズン、今大会前まで15のグランプリでポールポジションをさらったレッドブルの独走を阻止するのに成功した。ハミルトンは「とてもうれしい。あすのレースでも良い結果を出したい」と所感を明らかにした。ベッテルは、「きのうとサーキットのコンディションが違ったが、思ったより良い結果が出せた。オプションタイヤ(スーパーソフト)を温存でき満足だ」と話した。

一方、ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)は車両異常でQ3進出に失敗し12位に留まる不振を記録した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP