주요 기사 바로가기

【ニュース分析】李大統領が米議会演説…「統一韓国は脅威にならない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.15 09:07
0
韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は13日(現地時間)、「私は韓半島分断の現実を直視している。しかし私は韓半島の分断を決して永久的なものとして受け止めない」と述べた。米上・下院合同会議演説でだ。大韓民国の大統領としては1998年6月の金大中(キム・デジュン)大統領以来13年4カ月ぶりとなる米両院演説だった。

李大統領は「韓国・北朝鮮は言語・歴史・慣習が同じ民族だ。私は韓半島7000万人全員が幸せで平和に暮らせることを希望する」とし「統一韓国はどの国に対しても脅威にはならず、隣国の繁栄を促進し、東アジアの安定と世界平和にも大きく寄与するだろう」と強調した。

「統一韓国は周辺国にとって脅威にならない」という言葉は過去のドイツの統一接近法を連想させる。90年に東西ドイツが統一するまで、当時の西ドイツのコール首相は強力な統一ドライブをかけ、ゲンシャー外相は第2次世界大戦の戦勝4カ国である米国・ソ連・英国・フランスから東西ドイツ統一に対する承認を受けた。こうした経験を持つゲンシャー元外相は「韓半島統一のためには韓半島周辺の強大国に信頼感を与え、誰も統一に反対しないようにすることが重要だ」と助言したこともある。

李大統領はこの日の発言で、北朝鮮はもちろん韓半島を囲む中国・ロシア・日本などに対し、「統一韓国」の誕生を警戒する必要はない、というメッセージを送ったのだ。

李大統領は「韓米相互防衛条約は私たちをさらに強くし、私たちをさらに安全に守ってくれている。私たちは血で結ばれた同盟」と強調した。さらに「53年に相互防衛条約が通過したこの場(議会)で2012年韓米自由貿易協定(FTA)が批准されたことで、韓米関係には新たな1ページが刻まれた」とし「韓米同盟はずっと成長し、進化していくはずで、さらに強くなるだろう」という言葉も述べた。

李大統領は「今日の北東アジアは他のどこよりも躍動的」とし「20世紀と同じように21世紀にも、米国の指導力は北東アジアはもちろん、世界の平和と繁栄のために重要だ。全人類のために献身する米国の理想は続かなければならない」と主張した。ワシントンポストが最近、「李大統領が『(アジア地域で)米国の再関与(reengagement)が非常に重要だ』と述べた」と報じたのと同じ脈絡の話だ。

李大統領の演説に対する米国議会の反応は良かった。当初30分と予定されていた演説は起立拍手5回を含む45回の拍手が起き、45分間続いた。青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は「オバマ政権で両院合同演説をした外国首脳6人のうち最多の拍手」とし「これまでの記録はイスラエルのネタニヤフ首相の26回」と説明した。

李大統領は演説の途中、韓国戦争参戦議員4人を一人ひとり呼称しながら「格別な感謝の意を表わす」と述べた。すると米議員らは一斉に歓声をあげながら起立した。李大統領は参戦議員らに「You are still young。 You look a young。(まだ若く見える。少年のようだ)」と話した。特に韓国戦争当時、第2師団の歩兵として参戦したランゲル下院議員(81、ニューヨーク)は、95年の金泳三(キム・ヨンサム)大統領に続き李大統領にも名前を呼ばれた。

李大統領は核放棄を促した部分と演説の最後に英語で「God bless you, God bless America」(神のご加護を))」と話した。韓国と米国は自由主義、自由市場、言論の自由などの価値を共有していると述べ、「私は個人的にフライドチキンも好きだ」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP