주요 기사 바로가기

仏ハッチソン社「現代・起亜車が求める部品を供給するため韓国に」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.14 17:01
0
「現代・起亜(ヒョンデ・キア)車はグローバル自動車企業のうち、この5年間で最も成長した。ここに食い込もうと韓国に来た」。ハッチンソン社のザック・マニエ会長(57)の言葉だ。

ハッチンソンはパワーステアリングなど自動車の操向装置を主に生産するグローバル自動車部品会社。世界4大石油会社である仏トタルグループの子会社だ。昨年の売上高は4兆3000億ウォン(約3000億円)。欧州・米国市場が売上高の91%を占めるが、金融危機の後、売上多角化が課題に浮上した。アジアの比率は3%にすぎず、これを拡大するための最も適切な市場として韓国を選択したのだ。工場を新しく建設するよりも、技術力と生産能力を備えた韓国部品会社クムアフローとクムハンを買収する方法を選択した。両社は韓国GMに主に納品してきた。今後、現代・起亜車との取引が課題だ。

そのためか12日、ソウル三成洞(サムソンドン)インターコンチネンタルホテルで開かれた「ハッチンソン・クムア」公式発足式で会ったマニエ会長は、インタビューで何度か「現代・起亜車」に言及した。マニエ会長は「現代・起亜車が望む部品があれば何でも供給する。世界自動車5位の生産国で現代・起亜車がある韓国市場をきっかけに、アジア市場でのシェアを拡大していく」と強調した。

米自動車専門誌オートモーティブニュースによると、現代・起亜車は昨年、トヨタ・GM・フォルクスワーゲンに次いで自動車生産台数で世界4位(約576万台)。車両1台を製造するのに入る部品数は平均2万個余りで、現代・起亜車の1次納品会社はおよそ350社。国内だけでなくグローバル自動車部品市場でも現代・起亜車が‘大手’に浮上したのだ。

すでにハッチンソンは00年に韓国事務所を開設し、一部の部品を輸入して国内企業に納品してきた。しかし事務所だけで国内部品市場の障壁を乗り越えるには限界があった。マニエ会長は「韓国自動車メーカーが現地生産を望むので買収合併を推進することになった」と説明した。

これを受け、忠清北道陰城(チュンチョンブクド・ウムソン)、京畿道楊州(キョンギド・ヤンジュ)、ベトナムなどに工場を保有するムクアフローとキムハンの買収を決めた。ムクアフローとキムハンは自動車の高・低圧ホースを生産し、昨年の売上高はそれぞれ380億ウォン、100億ウォンの中小部品企業。

マニエ会長は「江原道文幕(カンウォンド・ムンマク)革新都市に陰城・楊州工場を移転できる敷地(2万3000平方メートル)を確保し、自動車用防塵ゴムとシーリングを生産する計画」と説明した。また「新しい技術に開放的で積極的な‘コリアスピリット’(韓国の精神)に感動した」と韓国に対する所感を明らかにした。

昨年、現代・起亜車のナムヤン研究所で開かれた技術説明会でのエピソードも語った。マニエ会長は「一日で全国から2000人のエンジニアが集まり、私たちの技術について質問する関心に驚いた。世界のどの国でもこれほど熱を帯びた反応はなかった。積極的な韓国人の姿勢に感動した」と述べた。

日本の例も挙げた。マニエ会長は「日本でも会社を引き受けて技術を伝授しようとしたが、閉鎖的な文化のため困難が多かった」と比較した。現代・起亜車の競争力として、こうした新技術に対する開放性を取り上げたりもした。マニエ会長は「現代車が持つ最も良い点は新しい技術に大きな関心を持っているという点で、それを維持して発展させることが重要だと考える」と述べた。

世界経済危機で部品会社が厳しい状況になっていることについて、マニエ会長は「危機は機会だ」と強調した。実際、08年のグローバル金融危機当時、ハッチンソンは在庫と経費を減らして現金を確保した。危機の企業を買収して弱い事業分野を強化した。マニエ会長は「むしろ危機後、私たちはより強い会社になり、売り上げも急成長した」と説明した。

しかしハッチンソンが国内部品市場に進入するまでには越えるべきヤマが多い。新車設計段階から自動車企業と部品企業が緊密に協調して開発する協業システムが構築されているからだ。実際、現代・起亜車に納品している企業の90%が国内企業。部品業界の関係者は「すでにかなり以前から版図ができている国内自動車部品市場に入り込むのはやさしくないはず」と話した。

この点についてマニエ会長は「韓国ですでに市場シェアがある国内ブランドを引き受けた。これをさらに育てるために私たちの新しい技術を積極的に導入する計画」と自信を表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    仏ハッチソン社「現代・起亜車が求める部品を供給するため韓国に」

    2011.10.14 17:01
    뉴스 메뉴 보기
    ハッチンソン社のマニエ会長(57)
    TOP