주요 기사 바로가기

【取材日記】「F1コリア」は外国人の祭り?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.14 11:17
0
F1コリアが14日から3日間、全羅南道霊岩(チョンラナムド・ヨンアム)で開催される。全世界のモータースポーツファンの祭りであり、企業広報の場でもある。年間27兆ウォン(約1兆円)の巨大資本が動き、「ビジネスレーシング」とも呼ばれる。これだけではない。広告・放送中継料・入場料収入を合わせると年間4兆ウォンにのぼる。参加12チームに対する企業スポンサーだけでも4兆ウォンを超える。これら企業はマシンやドライバーの服・ヘルメットに自社のロゴを付けて広報する。

こうしたグローバル広報の場が韓国で開催されるが、韓国企業はほとんど見られないのが残念だ。約100億ウォンの大会タイトルスポンサーは、昨年に続いて2年連続で出てこなかった。地元のGSカルテックス(潤滑油部門)などの企業がサーキットに広告看板を出す程度だ。中国・インド・マレーシアでは自国の代表企業がタイトルスポンサーを引き受けている。韓国企業の露出はLGが唯一。LGはF1コリアに関係なく08年にF1組織委に数千万ドルを出し、09年から今年まで全競技を支援するグローバルスポンサー契約をした。

F1の3大スポンサーは金融・IT・自動車。F1組織委も韓国がこうした業種に強いため開催地に選択したほどだ。韓国にはこうした企業がいくつかある。サムスン電子、LG電子、現代・起亜(ヒョンデ・キア)車がその代表だ。こうした企業がF1コリアを無視する理由はこうだ。

まだ韓国はモータースポーツ人口が数万人にすぎないうえ、霊岩のビジネス環境が不足している。またF1は国家対抗戦でないため‘愛国心マーケティング’効果がないという点だ。ワールドカップ(W杯)やオリンピック(五輪)、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)は国家対抗戦であるため、われ先にとスポンサーの列ができる。F1コリアは名前と場所が韓国というだけで、残りはすべて外国人の祭りだ。韓国人ドライバーどころか、レーシングチームに韓国人技術者や運営者がいない。F1ドライバーだけでも日本は20人以上を輩出し、インドやマレーシアからも出ている。

F1を韓国で秋の祭りとして定着させるには、このように外国人の祭りで終わらせてはならない。かといって政府の支援ばかり望むこともできない。地元の地方自治体がドライバーも育成し、どの企業でも引かれるような魅力的な投資条件を掲げなければならない。企業の参加が大きな課題だ。

キム・テジン経済部門記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP