주요 기사 바로가기

韓米首脳、韓米FTAの米議会通過を評価

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.14 08:18
0
韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領とオバマ米大統領は13日(現地時間)、ホワイトハウスで首脳会談を開いた。

李大統領は会談後に開かれた合同記者会見で、韓米自由貿易協定(FTA)が米議会を通過したことに関し、「130年間の両国関係の新しい里程標であり、ウィン-ウィンする歴史的成果」とし「政治・軍事同盟に経済同盟が加わり、韓米同盟が一次元進化しているという認識で一致した」と明らかにした。

李大統領は公式歓迎辞に対する答辞でも「韓米FTAは韓国の機会であり、米国のもう一つの機会」とし「Made in KORUS(韓国+米国)商品・投資・サービスがアジア市場にさらに活発に進出するだろう」と述べた。

李大統領はこの日午後、米議会で上・下院合同演説をする。これに先立ち12日夜、下院・上院は順に韓米FTA履行法案を処理した。07年6月30日に両国が合意文に署名してから4年3カ月が経過した。

オバマ大統領は法案が通過した後、「米国の労働者と企業が勝利者。法案が届きしだい署名する」とし、米国での批准手続きは事実上すべて終わった。韓米FTA履行法案は下院を賛成278-反対151で、上院を賛成83-反対15で通過した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP