주요 기사 바로가기

<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(17)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.13 17:55
0
重症肝炎を克服して一線に復帰した。 1986年5月、29歳になる直前だった。 悩みが生じて頭を痛めた。 闘病中に私の代わりに社長を務めた人が当初の約束を覆した。 席を譲ることはできないと言った。 取締役会で「役員40歳定年制」を一時的に導入した。 40歳を超えた役員は再採用されない場合、退社手続きを踏ませた。 私は情が深いほうだ。 一度心を許せば最後まで信頼する。 才能と人柄が優れた人を見ると引き込まれる。 そのためこうした不意打ちを食らう。 痛い記憶だ。

#可能性あるベンチャーに注目

組織問題ほどに頭を痛めたのが負債だった。 なんと10億円。 また発明に没頭した。 私は米国留学時代、多言語翻訳機の開発で事業資本を準備した経験がある。

発明の要諦は「不便と不合理を解決すること」だ。 ちょうど当時、自由化したばかりの電話サービスに注目した。 顧客が新しく設立された電気通信会社を利用するには追加番号を押さなければならなかった。 地域や会社ごとに料金がすべて違うが、その中で安い回線を探すのも一仕事だった。 「以前と同じ番号を使いながら自動で安い回線を選びだすシステムを開発しよう」。こう決心した。

一緒に事業をする人を探した。 IT企業フォーバルの創業者、大久保秀夫氏(57)と気が合った。 フォーバルは現在、日本の代表的なIT企業だ。 最近は韓流スターのウォンビンさんを広告モデルにして話題になった。 優勝者に名品バイオリンのストラディバリウスを2年間無償貸与する「フォーバルスカラシップコンクール」でも有名だ。 何よりも大久保氏は今でも私の最も親しい友人の一人だ。 一緒に製品を開発したのは87年だから25年間の友情だ。

私たちが開発したNCC BOXは大きな反響を呼んだ。 米国で先に出た製品よりはるかに安くて小さいうえ、性能も優れていた。 この機器のおかげで、当時、日本の通信費用は大きく減った。 会社には20億円のロイヤルティー収入が生じた。 負債を返しても10億円が残った。 私は海外に目を向けた。

その時まで会社の正式名は「日本ソフトバンク」だった。 私はそこから「日本」を取った。 続いて米国のIT企業と積極的に交流した。 当時、私が熱心に叫んでいたのが「タイムマシンマネジメント」だ。 大そうな名称だが、内容は単純だ。 当時、米国のIT産業と市場環境は日本に比べてはるかに進んでいた。 優れた米国の製品・技術・サービスを導入すれば、数年後に日本で大きく成功できるだろうと考えた。 何度も太平洋を行き来した。 米国の優秀な企業、可能性のあるベンチャーに情熱を注いだ。 そこで会ったのがマイクロソフト(MS)、ノベル、シスコシステムズだ。
【特集】<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(17)

    2011.10.13 17:55
    뉴스 메뉴 보기
    孫正義会長が中央日報連載を記念して揮毫した座右の銘「志高く」。
    TOP