주요 기사 바로가기

在韓米軍、30日間の夜間通行禁止令…最近の性暴行事件で

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.08 12:07
0
在韓米軍の将兵の夜間通行禁止令が復活した。サーマン在韓米軍司令官は6日、「この数カ月間に発生した事件を考慮し、司令部の任務準備態勢を確実にし、現在の作戦環境を評価するため、今後30日間、司令部全域に対して夜間通行禁止措置を取る」と明らかにした。

サーマン司令官は「(在韓米軍将兵の)個人的な行動と責任感は司令官が最も重要と考えている要素の一つであり、これは任務準備態勢と韓米同盟の強化に直接的な影響を及ぼす」と述べ、このように通行禁止令を出したと、在韓米軍は伝えた。

最近相次いで発生した在韓米兵の10代女子学生性暴行事件への対応レベルだ。在韓米軍は01年の米同時多発テロ当時から通行禁止を実施し、昨年7月2日に解除した。一時的とはいえ、1年3カ月ぶりの通行禁止復活となる。

在韓米軍側は「部隊外の通行禁止は平日0時-午前5時、土・日曜日と韓・米の公休日は午前3-5時の間に実施される」と説明した。続いて「夜間通行禁止令は米国大使館所属の将兵を除いたすべての在韓米軍(2万8500人)に適用される」とし「米軍および国防部民間職員の家族・客も夜間通行禁止令に従うことを勧告する」と述べた。

一方、米第8軍司令部はソウル麻浦区(マポグ)で発生した在韓米軍の性暴行事件について謝罪声明を出し、「先月、麻浦区で発生した米軍兵士の容疑とそれによって生じた苦痛に対して謝罪する。過去60年間にわたり築いてきた韓米間の善意を破壊する少数の行為を座視しない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP