주요 기사 바로가기

市場を失望させたアップル…自信を得たサムスン(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.06 10:19
0
‘革新の象徴’アップルが今度は期待に応えられなかった。新しい最高経営責任者(CEO)が新しい製品を発表したが、市場の反応は冷淡だった。5日、米カリフォルニア州クパチーノ本社で開かれたアップルの新製品発表のことだ。

創業者スティーブ・ジョブズの後を継いだティム・クックCEOが新製品「iPhone4S」を公開した。しかしアップルマニアが期待していた「iPhone5」はついに登場しなかった。ジョブズの出演もなかった。

一方、サムスン電子はこの日、フランスとイタリアの裁判所に「iPhone4S」の販売差し止めを求める仮処分を申請した。各メディアも「革新がなければアップルでない」という内容の記事を世界に送り出した。

◇秘密主義マーケティングがブーメラン=行事に対する世間の関心はまず、持病で退いたスティーブ・ジョブズの代わりにティム・クックCEOに向いた。ジョブズほどカリスマあふれるプレゼンテーションを見せるかどうかが注目された。クックもジョブズと同じようにジーンズ姿で登場した。しかし話し方にめりはりはなく、終始穏やかで、行事全体を主導することもなかった。行事の初めに20分ほど行われた基調演説と最後を締めくくるコメントだけをした。

クックに続いて壇上に立った最高マーケティング責任者(CMO)のフィリップ・シラー上級副社長は「iPhone5」の代わりに「iPhone4」の改良型「iPhone4S」を紹介した。行事はジョブズが率いた当時とは違って‘サプライズショー’はなかった。

期待を膨らませていた消費者とメディアは次々と酷評を出した。「驚かせるものなく終わった(fizzle than pop)」(ウォールストリートジャーナル)、「煙ばかりで火はなかった」(米アリゾナ州地域放送)、「アップルの新iPhone、顧客と投資家を感動させるのに失敗」(ロイター通信)。米国のある情報技術(IT)専門記者は「アップルは今回、メディアイベントをするべきでなかった」と酷評した。これまで関心を集めてきたアップルの秘密主義マーケティングがブーメランになったのだ。

市場の反応は直ちに株価に反映された。「iPhone4S」の発表直後、アップルの株価は5%まで急落、結局は前日の終値より0.6%安の372.50ドルで取引を終えた。
市場を失望させたアップル…自信を得たサムスン(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP