주요 기사 바로가기

ノーベル賞発表3日前に死去したスタインマン氏

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.10.04 08:41
0
今年のノーベル生理学・医学賞の受賞者に、体内の免疫システムがどのように作動するかを研究したブルース・ボイトラー氏(54、米国)、ユジュール・ホフマン氏(70、ルクセンブルグ)、ラルフ・スタインマン氏(68、カナダ)の3人が選ばれた。このうちスタインマン氏は受賞者発表3日前の先月30日に死去したことが明らかになったが、受賞者に最終確定した。ノーベル賞は1974年から死亡者には賞を与えないよう規定している。ノーベル委員会のハンソン委員長は「受賞者決定過程では死亡事実を知らなかったため、スタインマン氏の受賞は有効」と明らかにした。

スウェーデン・カロリンスカ医大のノーベル委員会はこの日、「今年のノーベル賞受賞者は免疫体系の活性化のための核心原則を発見したことで、免疫体系に対する私たちの理解を革新させた」とし、このように発表した。また「外部病原体の認識段階から免疫反応の活性化にいたるまで免疫体系の全般的な作用を究明したことで、病気発生メカニズムの理解に新しい地平を開いた」とノーベル委員会は説明した。

私たちの体を病原菌・有害物質から保護する免疫システムは、細菌・ウイルスなどが体内に初めて入った時に直ちに反応する先天免疫と数日後に現れる適応免疫に分けられる。足にでき物が生じた場合、病原菌に受容体がついて炎症を除くのが先天免疫で、体内に入った抗原に対応する抗体が生成されるのが適応免疫。延世(ヨンセ)大医大微生物学教室のチェ・インホン教授は「受賞者らは先天免疫があってこそ適応免疫が生じるという事実を初めて明らかにした」と説明した。

カリフォルニア州遺伝学スクリプス研究所のボイトラー氏とフランス分子細胞生物学研究所(CNRS)のホフマン氏は先天免疫が体内でどのように活性化するかを明らかにした。ソウル峨山(アサン)病院医学科のキム・ホンシク教授は「ボイトラー教授はマウス、ホフマン教授はショウジョウバエを利用した実験を通して先天免疫を明らかにした」とし「先天免疫を活性化させる受容体を明らかにしたのが最も大きな業績」と述べた。

一方、米ロックフェラー大学のスタインマン教授は自分の研究対象でもあるすい臓がんと4年間闘病した末、先月30日に死去した。ノーベル委員会はスタインマン氏が1973年、ロックフェラー大博士後の研究員時代、「樹枝状細胞」を発見した点を認めて受賞者に決定した。成均館(ソンギュングァン)医大キム・テジン教授(免疫学)は「樹枝状細胞の発見は移植手術で人体の免疫拒絶反応をなくす免疫抑制剤の開発と樹枝状細胞を利用したがん治療剤の開発に大きく寄与した」と評価した。

賞金は1000万スウェーデン・クローネ(約17億2200万ウォン)。このうち半分はボイトラー氏とホフマン氏が半分ずつ分ける。残り500万クローネはスタインマン氏が受ける。メダルと賞金は遺族が代わりに受ける予定。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ノーベル賞発表3日前に死去したスタインマン氏

    2011.10.04 08:41
    뉴스 메뉴 보기
    今年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した上からラルフ・スタインマン氏(68、カナダ)、ブルース・ボイトラー氏(54、米国)、ユジュール・ホフマン氏(70、ルクセンブルグ)。
    TOP