주요 기사 바로가기

フランス名門高校で「韓国語」正式科目に…韓流の影響?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.30 15:29
0
フランスのある高校が「韓国語」を正式科目に採択した。 別の高校では近く大学入学試験準備のための正規講座を始めるという。

在フランス韓国教育院のチェ・ジョンレ院長は28日(現地時間)、「韓国語を正式科目として中等学校で教えるのは欧州全体で前例がないと聞いている」と述べた。 フランスでは1956年、ソルボンヌ大に初めて韓国語講座が開設された。

フランス西南部都市ボルドーのフランソワマジャンディ高校では、2011-2012学年度が始まった5日から韓国語の授業を行っている。 実用外国語の選択科目で、正規教科。 18人の1年生がこの科目を選択し、1週間に3時間ずつ授業を受けている。 外国語特性化学校のここはボルドーの名門の一つ。

パリのビクトルディリ高校では近く大学入学試験「バカロレア」の準備のための韓国語講座が始まる。 政府機関が密集した7区にあるこの学校には官僚の子どもが多い。 バカロレアの受験生は韓国語を第2外国語または第3外国語として選択できる。 6月の試験では約60人がこれを選択した。 チェ院長は「主に同胞または親の片方が韓国系の家庭の子どもが受験したが、フランス人学生の関心も高まっている」と説明した。

フランスの韓国語教育拡散についてチェ院長は「部分的には韓流の影響もあるが、着実に韓国語と韓国文化を学生に知らせる努力が行われてきたため」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP