주요 기사 바로가기

韓国の8月の経常収支、辛うじて黒字

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.30 14:19
0
8月の経常収支が辛うじて黒字を維持した。 規模は前月の10分の1に減った。 季節要因にグローバル経済不安が重なったからだ。

LG経済研究院のシン・ミンヨン経済研究室長は「(休暇による輸出量減少など)季節要因もあるが、グローバル経済不安による金融市場不安が一部、実物に影響を及ぼしたと考えられる」とし「グローバル景気の減速が本格化する今後がさらに問題」と述べた。

韓国銀行(韓銀)によると、8月の経常収支(暫定)黒字規模は前月比33億4230万ドル減の4億ドルだった。 18カ月連続の黒字となったものの、黒字規模は今年1月(1億5470万ドル)以来7カ月ぶりに最低水準となった。 経常収支に最も大きな影響を及ぼす商品収支(輸出額-輸入額)が前月の47億2800万ドルから4億8020万ドルに急減したのが主な原因だった。 特に半導体と液晶表示装置(LCD)の輸出額は前年比でそれぞれ13%減、22.1%減となった。

韓銀金融統計部のヤン・ジェリョン部長は「今年の夏季休暇が7月末-8月初めに集中し、循環勤務ではなく工場の稼働を完全に中断したことで、黒字規模が大きく減った」とし「しかし7-8月の平均経常黒字が1-8月の平均より大きいため、特に悪かったとは見ていない」と述べた。 また「半導体・LCDなど一部の品目を除いては9月にも黒字基調を継続するだろう」とし「韓銀が予想した年間経常収支155億ドルの黒字は達成できそうだ」と話した。

三星(サムスン)経済研究所のイ・テファン研究員も「通常、休暇前の7月に物量を繰り入れるため、8月には経常黒字規模が落ちる。8月の数値だけを見て‘赤信号’とは言えない」と述べた。

しかしLG経済研究院のシン・ミンヨン室長は「世界景気の減速で輸出増加傾向は弱まっていくだろう」とし「最近のように国際金融市場が不安定で外国為替市場が激しく動く時期であるほど、経常黒字基調を維持するのが重要だ」と述べた。「黒字を持続すれば外部不安心理を眠らせられるが、赤字に転換すれば投機的資本が国内金融市場をかく乱するおそれがある」ということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP