주요 기사 바로가기

アップル・グーグル・MS“3強”を揺るがす三星ハードウェアパワー(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.30 11:02
0
◇注目される三星のハードウェア競争力=三星がこのように市場構図自体を変える変数になる理由は、優れたハードウェア技術力を保有しているからだ。

今年4月にアップル-三星電子間の特許訴訟戦が始まると、海外メディアは「アップルが三星を取り上げて特許全面戦争を繰り広げるのは、アップルの唯一の敵であるため」とし「三星を無力化した場合、アンドロイドOS軍団に大きな打撃を与えられると判断した」という分析を相次いで出した。

半導体分野のライバルでもあるインテルが三星に「Tizen」共同開発を提案したのもこのためだ。「Tizen」は、コンピューター・スマートフォンのほか、スマートTV・自動車用「インフォテイメント」機器など多様な機器に幅広く適用できる開放型プラットホーム。

三星の関係者は「Tizenは次世代OSのウェブ基盤OS。クラウドコンピューターが一般化する未来にはウェブOSが大勢になる」と述べた。このOSの開発が完了すれば、三星は自社のOS「Bada」はもちろん、「アンドロイド」「ウィンドウズモバイル」「Tizen」など4つのOSを活用できることになる。

権五鉉(クォン・オヒョン)三星電子デバイスソリューション(DS)事業総括社長は29日、「IT事業構造がハードウェア中心からソフトウェア中心に変化しているが、ソフトウェアが繊細になるほど、これを具現する革新的ハードウェアに対する市場の欲求は高まる」と強調した。
アップル・グーグル・MS“3強”を揺るがす三星ハードウェアパワー(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP