주요 기사 바로가기

「大地震お祝い」の垂れ幕問題、全北が公式謝罪

ⓒ 中央日報日本語版2011.09.29 11:42
0
27日に全州(チョンジュ)ワールドカップ競技場で開かれたアジアサッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグ全北現代(チョンブク・ヒョンデ)とセレッソ大阪の試合で、全北の一部ファンが日本の大地震を祝うという内容が書かれた垂れ幕を掲げ議論を呼んでいる。

このニュースは複数の日本のスポーツ紙を通じ報道され、このニュースに接した日本のネットユーザーだけではなく、韓国のネットユーザーらも激怒し、理解できないという反応を見せている。

一部ファンの非常識な行動が物議を醸すと全北球団は28日午後に球団公式ホームページを通じ、「一部ファンの不適切な行動で物議を醸した点を頭を下げて謝罪申し上げる」と謝罪した。

また、「今回の件で失意に陥った日本国民とサッカーファンに深く謝罪の言葉を伝える。今後こうしたことが再び起きないようより一層努力する」と付け加えた。

全北は問題の垂れ幕を製作・掲示した人物の身元を把握し次第、競技場出入り禁止などの制裁措置を取る計画だ。

一方、セレッソ側は試合後にAFCに公式提訴し、今後AFCの決定により全北球団はホーム試合の管理責任を問われ懲戒を受ける可能性がある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「大地震お祝い」の垂れ幕問題、全北が公式謝罪

    2011.09.29 11:42
    뉴스 메뉴 보기
    全北球団は28日午後に球団公式ホームページを通じ、「一部ファンの不適切な行動で物議を醸した点を頭を下げて謝罪申し上げる」と謝罪した。
    TOP