주요 기사 바로가기

「韓国の貿易1兆ドル達成、問題ない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.09.27 15:23
0
司空壱(サゴン・イル)韓国貿易協会長は26日、「韓国の貿易構造が先進化し、持続的な貿易成長が可能で、今年の貿易1兆ドル達成も問題はない」と述べた。

司空会長はこの日、ソウルグランドインターコンチネンタルホテルで、米国のピーターソン経済研究所と共同開催した「貿易1兆ドル時代の韓国貿易の新しいビジョン」の記者会見で、このように韓国の持続的な貿易規模拡大に対する楽観論を表明した。

これに関し貿易協会は「今年の韓国の貿易は当初の予想値(1兆915億ドル)には及ばないが、1兆ドル突破は可能」と予想した。 韓国より先に年間貿易規模1兆ドルを達成した国は米国・中国・ドイツ・日本など8カ国だけ。

上半期の韓国の貿易規模は輸出3688億ドル、輸入3478億ドルだった。 また先月までの国内貿易収支は、石油製品と船舶・自動車など主力商品の輸出好調で201億ドルの黒字となっている。

司空会長は「現在の世界経済危機はラテンアメリカやアジアの危機だった1980年代・90年代の危機当時とは違い、先進国に問題があるという点が特徴」とし「韓国は開発途上国と新興経済国の輸出比率が70%であるだけに、これからも貿易1兆ドルを達成するうえで難しさはない」と予想した。 また「輸出規模は世界9位だが、サービス部門は14位にとどまっている」とし「持続的な貿易成長のためにはサービス産業に重点を置く必要がある」と指摘した。 雇用誘発効果が大きいサービス産業と製造業の均衡ある産業発展を強調したのだ。

この日、討論者として出席したスパチャイ国連貿易開発会議(UNCTAD)事務局長は「韓国がアジア地域で貿易リーダーの役割を果たすべきだ」と強調した。 スパチャイ事務局長は「中国と日本の経済があまりにも肥大し、韓国のアジア+3カ国(韓日中)体制ブローカー役がますます重要になっている」と分析し、「韓国貿易がさらに成長するためには、サービスとグリーン成長に重点を置き、関税よりも技術競争力を確保した商品を開発するのに集中しなければならない」と助言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国の貿易1兆ドル達成、問題ない」

    2011.09.27 15:23
    뉴스 메뉴 보기
    司空壱(サゴン・イル)貿易協会長(左)とスパチャイ国連貿易開発会議(UNCTAD)事務局長(真ん中)、ジェフリー・ショート・ピーターソン国際経済研究所研究員(右)が26日、「韓国貿易の新しいビジョン」国際カンファレンスで意見を交わしている。
    TOP